フィッツジェラルドと短編小説

フィッツジェラルドと短編小説

藤谷 聖和/著
通常価格
¥3,520
販売価格
¥3,520
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2016/2/23

書名カナ フィッツジェラルドトタンペンショウセツ
判型/製本 A5/上製
ページ数 296
ISBN 978-4-7791-2205-7
Cコード 0098
従来、フィッツジェラルドの短編創作は、派手な生活費稼ぎのための濫作と見なされ、批評が主流だった。しかし本書では、短編小説こそ『グレート・ギャッツビー』等の傑作長編に役立っていたことを解明する。藤谷 聖和978-4-7791-2205-7
序章 フィッツジェラルド短編研究の進展

1章 ゼルダとの葛藤
 1. バジル物
 2.ジョゼフィーヌ物
 3.女性像の変化

2 章 フィッツジェラルドと中西部 
 1. 中西部
 2.場所と作品
 3. St. Paul 再訪

3 章 手法の変化
 1.絵画的手法―クレイン、ヘミングウェイ、
               フィッツジェラルド―
2. フィッツジェラルドとハリウッド
 3.The Pat Hobby Stories ―映画手法の影響について―
 4.『メトロポリタン』版“Winter Dreams”の加筆・修正

4 章 大衆雑誌と短編創作
 1.市場開拓―The Smart Set 時代(1919)から
   The Great Gatsby(1925) まで―
 2.創作の実験―The Saturday Evening Post 時代―
 3. 飲酒の影響―The Saturday Evening Post から
                      Esquire へ

結論/参考文献/あとがき/索引
藤谷 聖和
ふじたに・せいわ 
1948 年生まれ。
龍谷大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程単位修得退学、
龍谷大学文学部英語英米文学科教授。
主な業績
著書=『オレゴン・トレイル物語』(共著、英宝社、1996)、
『酔いどれアメリカ文学』(共著、英宝社、1999)、
『スモールタウン・アメリカ』 (共著 、 英宝社、 2003)、
『共和国の振り子』( 共著 、 英宝社、 2003)、
『黒船の行方―アメリカ文学と「日本」―』 
( 共著 、 英宝社、 2009)。
訳書=『エミリ・ディキンスン詩入門』(共訳、国文社、1993)、
『アメリカ・その知的風土――植民地時代から60 年代まで』
(共訳、英宝社、1993)。