訪問看護の現場で考える もうすぐ亡くなります

訪問看護の現場で考える もうすぐ亡くなります

なごやかな終末をめざして
宮﨑 照子/著 、 山中 桃子/絵 、 こどもくらぶ/編
通常価格
¥1,760
販売価格
¥1,760
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2016/5/13

書名カナ ホウモンカンゴノゲンバデカンガエル モウスグナクナリマス
判型/製本 A5/上製
ページ数 144
ISBN 978-4-7791-2195-1
Cコード 0036
在宅療養者の生活を医療と介護の両面からささえる訪問看護の現場(リアル)とは?在宅療養者の終末と、それをささえる家族や仲間のようすを、看護師歴40 年以上をもつ訪問看護師が紹介する。宮﨑 照子山中 桃子こどもくらぶ978-4-7791-2195-1なごやかな終末をめざして
巻頭絵本

はじめに

第一章 幸せな終末
 1 家族といっしょに過ごしたい!
     グリーフケア絵本
 2 望みは自宅に帰ること
     訪問診療ネットワークとは
 3 長男夫婦の家での生活
     在宅ケアにかかわる専門家たち
 4 家族も二人三脚
     訪問看護師の一日
 5 職員の方々に見守られて
     施設やホームでの終末看護

第二章 「看取り」と「グリーフケア」
 1 終末医療とは
 2 在宅医療の現状
 3 訪問看護とは
 4 グリーフケアとは
宮﨑 照子
1952 年栃木県生まれ。40 年以上看護師として勤務する。
看護学校を卒業後、病棟勤務を経た後、保健師の学校に
進み保健師となる。病院の外来や病棟の看護師長を経験。
2005 年より訪問看護ステーション管理者として、
訪問看護師として働く。
2015 年、那須赤十字訪問看護ステーションを退職。
現在は栃木県訪問看護ステーション協議会の事務局長
として訪問看護ステーションにかかわる。
著書に
「退院支援・調整」(福島道子ほか共著、2009 年、日総研)
があるほか、地域看護学会や緩和ケア学会で、
退院計画などについての発表をおこなった。
山中 桃子
1977 年栃木県生まれ。女子美術大学卒業。
『田んぼのいのち』『牧場のいのち」(ともにくもん出版)
で、ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ入選。
絵を担当した作品に
『俵万智3・11短歌集 あれから』(今人舎)、
「3.11が教えてくれた防災の本(全4巻)」
(かもがわ出版)、『ぼくと戦争の物語』(フレーベル館)など。
作家・立松和平の長女。