アメリカの奴隷制を生きる

アメリカの奴隷制を生きる

フレデリック・ダグラス自伝
フレデリック・ダグラス/著 、 樋口 映美/監修 、 専修大学文学部歴史学科 南北アメリカ史研究会/訳
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2016/1/21 bookendアプリ起動

書名カナ アメリカノドレイセイヲイキル
判型/製本 四六/並製
ページ数 211
ISBN 978-4-7791-2194-4
Cコード 0022
奴隷として生まれ、独学で読み書きを覚えた、その過酷な半生を描く! 19 世紀前半の20 年間、「人間性」を破壊する奴隷制に抗って生き、ついに逃亡に成功するまでの、ダグラスが「人間として生きた」苦難の道のりの貴重な記録。フレデリック・ダグラス樋口 映美専修大学文学部歴史学科 南北アメリカ史研究会978-4-7791-2194-4フレデリック・ダグラス自伝
訳者まえがき
序文─ウィリアム・ロイド・ギャリソン
ウェンデル・フィリップス卿からの書簡─
ウェンデル・フィリップス
第1章 奴隷に生まれて
第2章 ロイド大佐のホーム・プランテーション
第3章 ロイド大佐と奴隷たち
第4章 罪に問われぬ殺人
第5章 ロイド大佐のもとを去る
――あこがれのボルティモアへ
第6章 新しい主人と港町ボルティモア
第7章 読み書きの習得――自由への手がかり
第8章 遺産の分配――奴隷制への怒り
第9章 「キリスト教徒」マスター・トマス
第10 章 抵抗――
コーヴィとの闘い・仲間との逃亡計画・造船所での闘い
第11 章 逃亡――ニューベッドフォードでの出会い
追補 二つの「キリスト教」
訳者あとがき
監修に寄せて
フレデリック・ダグラス
Frederick Douglass.(1818- 1895)
樋口 映美
(ひぐち はゆみ)
専修大学教授(アメリカ社会史、人種関係史)。
著訳書に『アメリカ黒人と北部産業』(単著)、
『アメリカ黒人姉妹の一世紀』(訳書)、
『奴隷制の記憶』(訳書)、
『貧困と怒りのアメリカ南部』(訳書)、
『アメリカ公民権の炎』(訳書)、
『歴史のなかの「アメリカ」』(共編著)、
『流動する<黒人>コミュニティ』(編著)、
『<近代規範>の社会史』(共編著)他。