街にあふれた子どもの遊び

街にあふれた子どもの遊び

萩野矢 慶記/写真・文
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/11/19

書名カナ マチニアフレタコドモノアソビ
判型/製本 B5変/並製
ページ数 136
ISBN 978-4-7791-2186-9
Cコード 0072
メンコ遊び、コマ回し、馬とび、ゴムとび、泥んこ遊び…ガキ大将の統率のもと、懸命に遊ぶ子ら。危険もかえりみず廃品を遊具に想像力を発揮して遊んだ時代から、次第に遊びが消滅に向かう過程も撮った作品150点。子どもの成育に問題提起を促す。萩野矢 慶記978-4-7791-2186-9
萩野矢 慶記
はぎのや・けいき
◉1938年栃木県生まれ。専修大学卒業。
1983年サラリーマンを経て写真家に転向。
「子ども」や海外旅行写真に魅せられ58ヵ国撮影取材。
写真集、写真展、雑誌、カレンダーなどで多くの作品を発表。
主な個展に「遊べ 東京っ子」、「子供に遊びを」、
「東京かくれんぼ」、「子ども新時代」、
「街から消えた子どもの遊び」、
また中国上海市では外国人初の個展「東京の子供たち」を開催。
コニカ・カレンダー「世界の子どもたち」7年間特撮。
主著『街から消えた子どもの遊び』、『エーゲ海だより』、
『ウズベキスタン シルクロードのオアシス』など多数。
近著は 『江戸東京四季の花を撮ろう』。
日本写真家協会 日本写真協会 日本旅行作家協会 各会員。