国際SFシンポジウム全記録

国際SFシンポジウム全記録

冷戦以後から3・11 以後へ
日本SF作家クラブ/編 、 巽孝之/監修
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/8/31

書名カナ コクサイエスエフシンポジウムゼンキロク
判型/製本 A5/並製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-2170-8
Cコード 0095
1970年の第1回と、2013年の第2回(前年のキックオフも含む)の全てを完全網羅! 9.11 同時多発テロや3.11 大震災を経て、人類が直面している自然環境と人類文明の問題を思索するのに、SF的想像力の展開が期待される現在にあって、画期的な一冊!日本SF作家クラブ巽孝之978-4-7791-2170-8冷戦以後から3・11 以後へ
【主たる目次】

巻頭言ー巽孝之
緒言ー東野司(第17 第日本SF作家クラブ会長、SFWJ 50 実行委員長)

●第一部「第一回国際 SF シンポジウム(1970 年)全記録」
「国際 SF シンポジウム趣意書」、
星新一「想像を超える現実ーー日本での国際シンポジウムを前に」、
「国際 SF シンポジウム速報レポート」、
ジュディス・メリル草稿執筆の参加五カ国共同宣言、
小松左京 VS アーサー・ C・クラーク対談「未来社会への展望」、
福島正実「クラークとの10 時間」
特別寄稿「小松左京と国際SFシンポジウムの思い出」(乙部順子)

●第二部「第二回国際 SF シンポジウム・キックオフ(2012 年)全記録」
レポートー巽孝之
基調講演「時の渦巻ー川又千秋『幻詩狩り』論 (トマス・ラマール)
キックオフ・レポートー海老原豊
参加者◎トマス・ラマール、川又千秋、笠井潔、荒巻義雄、司会:巽孝之

●第三部「第二回国際 SF シンポジウム(2013 年)全記録」
参加者◎荒巻義雄、高野史緒、北野勇作、上田早夕里、林譲治、
八杉将司、立原透耶、YOUCHAN、谷甲州、夢枕獏など

<公開シンポジウム関連>
広島大会( 7 月 20 日、於・広島修道大学)、報告:巽孝之
大阪大会(7 月 22 日、於・ナレッジ・キャピタル)、報告:増田まもる
名古屋大会( 7 月 25 日、於・椙山女学園大学)、報告:長澤唯史、渡辺英樹
東京大会(7 月 27 日、於・城西国際大学紀尾井町キャンパス)報告:デーナ・ルイス、巽孝之

<非公開セミナー&ワークショップ関連>
京都大学IPS 研究所における非公開セミナー( 7 月 24 日)報告:八代嘉美
福島大学行政政策学類における3.11 東日本大震災をめぐる
非公開ワークショップ( 7 月 28 日)報告:高橋準

<関連講演会>
広島「パオロ・バチガルピ講演会」( 7 月 21 日、於・広島経済大学)報告:伊藤詔子
東京「パオロ・バチガルピ講演会ーーアメリカ文学における SF」
(7 月 26 日、於・慶應義塾大学)
対談ー藤井太洋×パオロ・バチガルピ
「パット・マーフィー VS 森奈津子公開対談:来るべき身体政治学ーー
フェミニズム、SF、そして、わたしたちの地球環境」
( 7 月 27 日、明治大学駿河台校舎)報告:小谷真理
レポート めくるめく時空の旅ーパット・マーフィー
太陽の塔から始まったーISFS2フェアウェル・パーティ報告ー巽孝之

各種メディアの反応
第2回国際SFシンポジウム共同声明
総括「SFWJ50」とは何だったのかー東野司

日本SF 作家クラブについて

監修後記ー巽孝之
日本SF作家クラブ
SFWJ : Science Fiction and Fantasy Writers of Japan
1963 年発足の日本のSF 作家・翻訳者や評論家、
編集者による親睦団体。
【編集委員長】
巽孝之(SF評論家・慶應義塾大学文学部教授)。
巽孝之
慶應義塾大学教授、SF批評家