黒潮文明論

黒潮文明論

民族の基層と源流を想う
稲村 公望/著
通常価格
¥3,520
販売価格
¥3,520
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/8/17

書名カナ クロシオブンメイロン
判型/製本 四六/上製
ページ数 368
ISBN 978-4-7791-2160-9
Cコード 0039
奄美生まれの著者が、日本列島に沿って流れる「黒潮」にまつわる様々な物語を縦横無尽に語る。現地調査の成果に加え、博覧強記の知識によって、黒潮が洗う島々の習俗、文化、言語、食、そして海沿いに建つ原発にまで話題は及ぶ。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】稲村 公望978-4-7791-2160-9民族の基層と源流を想う
●黒潮洗う大日本の島々に神は宿る。
●黒潮に乗って蝶が渡る。
●黒潮が作った伊豆の結界。
●温暖な気候と風土は黒潮の賜。
●「谷」と「沢」の東西の違い。
●海と山とー黒潮文明の往還。
●母なる「アマ」と「アメ」。
●黒潮と海神国の系譜。
●寒さと塩と黒潮の民の関係。
●黒潮の民と色彩の関係。
●南洋諸島と黒潮民族日本の責任。
●黒潮民族による壮大な言語の伝播。
●黒潮の島々への疾病の侵入。
●原発が破壊した日本の浜辺。
●琉球と熊野を結ぶ黒潮の道。
●原発に変わりうる黒潮発電。
●西郷隆盛の南島憧憬。
●黒潮言語(島言葉)の豊かさ。
●徳之島方言の研究。
●日本列島は同一言語である。
●日本漆文化の起源と伝統。
●鹿児島神宮と隼人。
●日本の巨木クスノキは黒潮植物。
●黒潮の流れの北辺を行く。
●米帝国主義の膨脹と捕鯨。
●鎖国日本利尻島に渡来した米国人。
●アイヌと黒潮文明。
●各国が領有を争う黒潮の海。
●黒潮文明の漁獲遺構。
●南米起源の古代人類は存在するか。
……など
稲村 公望
いなむら・こうぼう
1947 年生まれ。現在中央大学大学院公共政策研究科客員教授。
奄美・徳之島出身。東京大学法学部卒。
1972 年、郵政省入省、アメリカ研修(フレッチャースクール修了)、
八女郵便局長、1980 年、在タイ王国日本大使館一等書記官。
1983 年、郵政省へ復帰。その後、通信政策局国際協力課長、
郵務局国際課長、沖縄郵政管理事務所所長、郵政大臣官房審議官、
中央省庁再編により総務大臣官房審議官、
政策統括官(情報通信担当)、郵政事業庁次長、
日本郵政公社発足と同時に常務理事などを歴任。
郵政民営化に反対して退任。
2012 年10 月、改正郵政民営化法に基づき、
2012 年10 月1 日に誕生した「日本郵便」の副会長に就任。
2014 年3 月、日本郵便常務顧問を辞任。