カリフォルニア先住民の歴史

カリフォルニア先住民の歴史

「見えざる民」から「連邦承認部族」へ
野口 久美子/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/8/20

書名カナ カリフォルニアセンンジュウミンノレキシ
判型/製本 A5/上製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-2150-0
Cコード 0022
先住民史上「最も過酷な運命」を辿ったカリフォルニアの先住民部族・トュールリヴァーの部族史。条約締結の失敗、土地の喪失、人口減少、都市化とアイデンティティの周縁化による消滅の危機からの復活の歩みを時系列的に描く。野口 久美子978-4-7791-2150-0「見えざる民」から「連邦承認部族」へ
はじめに──先住民と部族主義
第一章 アメリカ先住民史理論
第二章  「部族」に関する考察
 第一節 アメリカ先住民の外部規定
 第二節 ヨクートとその社会
第三章 ヨクートとヨーロッパ諸国
 第一節 スペイン時代
 第二節 メキシコ時代
 第三節 アメリカ時代
第四章  「見えざる部族」と保留地アイデンティティの構築
 第一節 トュールリヴァー・ファームと先住民社会
 第二節 トュールリヴァー・ファームと先住民社会
 第二節 トュールリヴァー保留地と先住民社会
第五章 トュールリヴァー保留地における同化政策
 第一節 カリフォルニア先住民と同化政策
 第二節 同化政策期における保留地社会と
部族アイデンティティの変容
第六章  「見えざる部族」から連邦承認部族へ
 第一節 同化政策の失敗
 第二節 トュールリヴァー保留地と再組織法
おわりに
あとがき
註╱索引
野口 久美子
明治学院大学教員。