松本亨と「英語で考える」

松本亨と「英語で考える」

ラジオ英語会話と戦後民主主義
武市 一成/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/8/24

書名カナ マツモトトオルトエイゴデカンガエル
判型/製本 A5/上製
ページ数 352
ISBN 978-4-7791-2144-9
Cコード 0080
NHKラジオ英語会話の講師を20年以上つとめ、英語教育者として知られる松本亨。キリスト教者としての生き方、戦後民主主義に彼の「英語会話」が及ぼした影響など、これまで見落とされてきた側面を、波乱の人生をたどりながら論じる。武市 一成978-4-7791-2144-9ラジオ英語会話と戦後民主主義
序文

◆第一部 人格形成と文化衝突

第1章 キリスト教と母親の影
第2章 英語への傾倒
第3 章 渡米の夢

◆第二部 宣教師、そしてアメリカ市民

第4章 学生キリスト教運動
第5章 敵性外国人として
第6章 自由なアメリカ、封建主義の日本
第7章 自伝『兄弟は他人の始まり』
第8章 占領政策との関係

◆第三部 「英語の松本」の誕生

第9章 帰国
第10 章 「放送英語」の世界へ

終章 虚像と実像

あとがき

・注
・松本亨略年表
・索引
武市 一成
Takechi Issei.
1963年、高知県生まれ。
州立ニューメキシコ大学大学院にて修士号取得
(歴史学)。
法政大学大学院国際文化研究科博士後期課程修了。
博士(国際文化)。
現在、國學院大学文学部兼任講師、
拓殖大学外国語学部講師。
専門領域は多文化交流、国際文化交流、大衆文化。