中世における数のシンボリズム

中世における数のシンボリズム

古代バビロニアからダンテの『神曲』まで
ヴィンセント・F・ホッパー/著 、 大木 富/訳
通常価格
¥4,070
販売価格
¥4,070
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/5/20

書名カナ チュウセイニオケルカズノシンボリズム
判型/製本 四六/上製
ページ数 395
ISBN 978-4-7791-2127-2
Cコード 0014
古代文明、占星術、ピュタゴラス派の数論を源泉として、初期キリスト教などに取り入れられ、どのようにして中世の数のシンボリズムは形成されていったのか……。古代オリエントからケルト神話など、豊富な資料を用いて詳細に分析する古典的名著! 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】ヴィンセント・F・ホッパー大木 富978-4-7791-2127-2古代バビロニアからダンテの『神曲』まで
序 文 
第一章 初歩的数のシンボリズム
──古代オリエント、インド、ギリシャ 
第二章 占星術上の数
──古代バビロニアと旧約聖書 
第三章 ピュタゴラス派の数論
──具体的な数論の分析と考察 
第四章 グノーシス主義者
──グノーシス主義、ヘルメス主義、カバラ、錬金術 
第五章 初期キリスト教の著述家
──数の寓意的解釈とその基礎の確立 
第六章 中世における数の哲学
──様々な領域の数の象徴の用法と実例 
第七章 秩序の美・ダンテ
──『神曲』の数的構成と数のシンボリズムの用法 
補遺 北方異教における象徴としての数
──古代スカンジナビア、ケルト神話など 
ヴィンセント・F・ホッパー
Vincent Foster Hopper
1906年、ニュージャージー州に生まれる。28年にプリンストン大学において修士号を取得。32年からはニューヨーク大学の助教授となり、その後、同大学教授として比較文学等の講義をおこなう。76年に死去。共著に、『ヨーロッパ文学の背景』(Backgrounds of European Literature. New York: Appleton-Century-Crofts, 1954)などがある。
大木 富
Ohki Tom
1958年神奈川県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程前期終了。
神奈川工科大学准教授。専門は、16・17世紀の英詩、中世思想史。
共著『マージナリア―隠れた文学/隠された文学』(音羽書房鶴見書店)
共訳書『スポーツと薬物の社会学―現状とその歴史的背景』(彩流社)
論文「John Donneの数秘術」など