トニ・モリスンの小説

トニ・モリスンの小説

鵜殿 えりか/著
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2015/9/2

書名カナ トニモリスンノショウセツ
判型/製本 四六/上製
ページ数 372
ISBN 978-4-7791-2098-5
Cコード 0098
アフリカ系アメリカ女性で初めてノーベル文学賞を受賞したトニ・モリスン。人種・ジェンダー・セクシュアリティを軸に研究してきた著者が、「物語の枠組み」そして弱者どうしの「三角形のきずな」という観点から彼女の小説を犀利に分析。鵜殿 えりか978-4-7791-2098-5
(序)物語の枠組み、三角形のきずな
(1章)裏切りとセクシュアリティ 『青い目がほしい』
(2章)閉ざされた水の下の欲望 『スーラ』
(3章)三角形の欲望 『青い目がほしい』
(4章)赤ずきんちゃん気をつけて 『タールベイビー』
(5章)ブラックガール、ホワイトガール 『レシタティーフ』
(6章)語るもの/語りえぬもの 『ビラヴド』
(7章)反復、変奏/変装、誤読 『ジャズ』
(8章)ルビーの血/エメラルドの水 『パラダイス』
(9章)廃屋のカナリア 『ラヴ』
(10章) 家父長制、奴隷制、母と弟 『マーシィ』
鵜殿 えりか
筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科単位取得退学。
博士(文学)。
専門はアメリカ文学(19、20世紀)、
アフリカ系アメリカ文学。

近年の主な共著書に、
『バード・イメージーー鳥のアメリカ文学』
(金星堂、2010年)、
『英語文学とフォークロアーー歌、祭り、語り』
(南雲堂フェニックス、2008年)、
『ハーストン、ウォーカー、モリスンーー
アフリカ系アメリカ女性作家をつなぐ点と線』
(南雲堂フェニックス、2007年)。
共訳書に、
ジュディス・フェタリー『抵抗する読者――
フェミニストが読むアメリカ文学』(ユニテ、1994年)等。