幕末期のオランダ対日外交政策

幕末期のオランダ対日外交政策

「国家的名声と実益」への挑戦
小暮 実徳/著
通常価格
¥4,400
販売価格
¥4,400
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/2/2

書名カナ バクマツキオランダタイニチガイコウセイサク
判型/製本 A5/上製
ページ数 368
ISBN 978-4-7791-2080-0
Cコード 0022
新視角から幕末日本の国際関係の再構築と歴史解釈に修正を迫る労作。幕末の歴史にこれまで欠落しがちであったオランダの役割(オランダ国内の政策論争も含めて)を具体的に検証し、開国と近代化の側面史に新風を吹き込む。小暮 実徳978-4-7791-2080-0「国家的名声と実益」への挑戦
はじめに──ナポレオン戦争以降のオランダ対外政策を対日政策から再解釈
序 章 ナポレオン戦争以降のオランダ対外政策の再解釈
第1章“東方の盟主”としての英蘭関係──第一次・第二次ロンドン条約を中心にして
第2章“東方の盟主”としての英蘭関係──英蘭ロンドン条約内の日本問題を中心にして
第3章 日本開国の前史──オランダの日本開国への試み
第4章 日本開国以前のアメリカとオランダの対日政策
第5章 アメリカのアジア政策に対するオランダの対抗
第6章 ペリー司令官日本来航とオランダにとって望ましい展望
第7章 日蘭条約締結への努力とその成功
第8章 アジアにおける英蘭同盟関係──オランダ対日外交政策の協力者としてのイギリス
第9章 日本問題における不一致
第10 章 幕末期オランダ対日外交政策における蘭領東インドの役割
第11 章 オランダ政府の失望と新展開──一八五八年日米修好通商条約
第12 章 オランダ対日外交政策の巻き返し──対アメリカ蘭英仏“協商”関係を軸にして
第13 章 既得権確保の努力
第14 章 オランダ対日積極外交の終焉──日本用件移管問題
結 論
補 論1 アメリカ合衆国ペリー司令官日本遠征の再検討とその真意
       ──アメリカ合衆国国立公文書館国務省・海軍省ファイルに含まれる未公刊関係史料の検討から
補 論2 オランダ的外交政策──一九世紀中葉アメリカ合衆国ペリー司令官による日本遠征に対して
小暮 実徳
Minori Kogure
1969 年生まれ。明治大学大学院博士課程単位取得退学。
ライデン大学留学、同大学人文学部博士号取得。
訳書:シェイス著『オランダ日本開国論』(雄松堂2004)など。