ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』

ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』

十八世紀アイルランド語詩の至宝
ブライアン・メリマン/著 、 京都アイルランド語研究会/訳・著
通常価格
¥4,400
販売価格
¥4,400
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/11/25

書名カナ ブライアンメリマン マヨナカノホウテイ
判型/製本 A5/上製
ページ数 344
ISBN 978-4-7791-2058-9
Cコード 0098
ノーベル賞詩人ヒーニーが、「世界文学」の位置付けのなかで高く評価したアイルランド語文学史上の傑作を、原詩からの本邦初訳でおくる。英語による文法解釈、メリマン論を集約した類例がない貴重書。原詩と語彙ノート付きで、アイルランド語の学習にも最適。ブライアン・メリマン京都アイルランド語研究会978-4-7791-2058-9十八世紀アイルランド語詩の至宝
第1部 ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』
  あらすじ
  『真夜中の法廷』翻訳
  日本語翻訳方針/シェーマス・ヒーニーによる評価

第2部 解説
 第1章 ブライアン・メリマン伝記
 第2章 写本・テクスト・英訳
 第3章 『真夜中の法廷』の韻律
 第4章 アシュリングの枠組み
 第5章 英語文学・スコットランド文学との関わり
 第6章 同時代アイルランド詩人の影響
 第7章 エニス詩人会議と政治・社会背景
 第8章 英語文学への影響のはじまり
  ──W. B. イェイツとフランク・オコーナーにとってのメリマン
 第9章 『真夜中の法廷』の歴史的、社会的意義

【巻末横組み】
PART III Texts(第3部 テクスト解説)
 Abbreviations(省略記号)
 Introductory Notes(まえおき)  
 Text (Ó Murchú, 1982) and Syntactical Interpretations with Notes(アイルランド語テクスト・英語による文法的解釈・注解)  
 『真夜中の法廷』語彙ノート・付主要な文法特徴
ブライアン・メリマン
Brian Merriman (c.1750-1805)
詩人メリマンはアイルランド西部のクレア県に生まれ育ち、グレーネ湖近くのフィークルで算術を教えながら農業も営んでいた。『真夜中の法廷』(Cúirt an Mheán Oíche) は見事な韻律で統制された1026行に及ぶ詩で、人間としての自由を求める立場から性の解放をパロディ風に訴えた。産業発展で増大した社会格差、アイルランドに高まった独立気運、衰退するアイルランド語文学伝統への憂慮のただ中に現われた現代アイルランド語詩の傑作である。晩年、リムリック市に引っ越してまもなく1805年に他界した。
京都アイルランド語研究会
荒木 孝子(奈良大学非常勤講師)
池田 寛子(広島市立大学国際学部准教授)
谷川 冬二(甲南女子大学文学部教授)
中村 千衛(元イーストアングリア大学非常勤講師)
梨本 邦直(法政大学理工学部教授)
春木 孝子(神戸松蔭女子学院大学文学部名誉教授)
菱川 英一(神戸大学大学院人文学研究科教授)
疋田 隆康(京都女子大学非常勤講師)
福本 洋(京都府和束中学校・精華南中学校非常勤講師)
増田 弘果(アイルランド民話研究者)