フランケンシュタインとは何か

フランケンシュタインとは何か

怪物の倫理学
武田 悠一/著
通常価格
¥2,970
販売価格
¥2,970
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/9/9

書名カナ フランケンシュタイントハナニカ
判型/製本 四六/上製
ページ数 276
ISBN 978-4-7791-2049-7
Cコード 0098
なぜ200年前の物語が、繰り返し映画化されるのか、「原作」を知らない人のために、丁寧に解き明かす。SFとして、ホラーとして、エンターテインメントとして、ポップカルチャーのなかで拡散し、生き延びてきた「怪物」に迫る。978-4-7791-2049-7怪物の倫理学、武田悠一
序章 フランケンシュタイン神話
第1章 物語の着想=妊娠
第2章 物語の出産/出産の物語
第3章 語りの入れ子構造
第4章 怪物の誕生
第5章 怪物とは何か?
第6章 言語の獲得
第7章 女の創造/女の破壊
第8章 悪夢の果て
第9章 『フランケンシュタイン』の受容
第10章 フェミニズム・ジェンダー批評で読む『フランケンシュタイン』
第11章 『フランケンシュタイン』と映画
第12章 『フランケンシュタイン』と『ブレードランナー』
終章 怪物はアンドロイドの夢を見たか?
武田 悠一
(たけだ・ゆういち)
元南山大学教授、同大学非常勤講師。
【著書】
『ジェンダーは超えられるか──新しい文学批評に向けて』
(編著、2000年)、
『読みの抗争──現代批評のレトリック』(2012年)
『増殖するフランケンシュタイン :批評とアダプテーション』(2017年) 全て彩流社刊。