チェコのお婆さん

チェコのお婆さん

ボジェナ・ニェムツォヴァー/原作 、 源 哲麿/訳
通常価格
¥5,280
販売価格
¥5,280
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/7/15

書名カナ チェコノオバアサン
判型/製本 A5/上製
ページ数 447
ISBN 978-4-7791-2024-4
Cコード 0097
カフカの『城』の構想に大きな影響を与えたチェコ文学の名作。民族再生運動に触発され、女性解放運動の先駆者でもあった作家が書き上げた初めてのチェコ語による小説。毅然とした精神の発露と民族の誇り。ドイツ語から訳出。ボジェナ・ニェムツォヴァー源 哲麿978-4-7791-2024-4
ボジェナ・ニェムツォヴァー
Božena Němcová. チェコの女性作家。
1820年、ウィーンに生まれる。
オーストリア・ハンガリー帝国統治下のプラハで
民族再生運動に触れ、創作活動を始める。
チェコやスロヴァキアの各地で民話や伝説を採集して再話。
チェコ近代文学の創始者に位置付けられる。1862年、没。
邦訳に
『おばあさん  岩波文庫』
(ニェムツォヴァー 著、栗栖継 訳、岩波書店、1971年)、
『十二の月たち 世界のお話傑作選』
(ボジェナ・ニェムツォヴァー 再話、出久根育 文・絵、
 偕成社、2008年)などがある。

源 哲麿
大正14年 島根県生れ。
出征、復員後、京都大学(旧制)文学部哲学科卒。
現在専修大学名誉教授。日本ペンクラブ名誉会員、日本独文学会員。
[著訳書]
R・Mリルケ『ある勤労女性との往復書簡』
(大和書房『人生の名著』第14巻所収)、
R・Mリルケ『リルケ・ベンベヌータとの愛の手紙』(河出書房新社)
『文学の確認』=評論集(笠間書院)、
『文学の原論』(彩流社)、
『ゲーテの猫』(リブロポート)
共著
『青い水底で眠りたい』(彩流社)=源 照子の「病床覚書」記録部分
『私本文学論集』(専修大学出版局)ほか。