ジョイスの反美学

ジョイスの反美学

モダニズム批判としての『ユリシーズ』
中山 徹/著
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2014/2/21

書名カナ ジョイスノハンビガク
判型/製本 四六/上製
ページ数 352
ISBN 978-4-7791-1985-9
Cコード 0098
モダニズム文学の金字塔『ユリシーズ』とはモダニズムへの大いなる“不満の書”である! T・S・エリオットの対極から『ユリシーズ』を読み解き、西洋モダニズムにおける美学と政治の結託を白日のもとに晒す。中山 徹978-4-7791-1985-9モダニズム批判としての『ユリシーズ』
序 
第一章 美学、カルチャー、モダニティ
第二章 複製技術時代の優生学
第三章 社会衛生学の主体
第四章 数学的に崇高な生殖
第五章 ピグマリオニズム、あるいは関心という病
第六章 テクストのアナモルフォーズ
第七章 ノイズ、未来派、ファシズム
第八章 ジョイスにおける物質性と文学性
第九章 モダニズムの崇高な対象

中山 徹
一橋大学大学院言語社会研究科准教授。
著書(共著)に『ジェンダーと「自由」』(彩流社)、『文学研究のマニフェスト』
(研究社)など、
訳書にスラヴォイ・ジジェク『大義を忘れるな――革命・テロ・反資本主義』(共訳)、
『暴力』(いずれも青土社)など。