三島由紀夫における「アメリカ」

三島由紀夫における「アメリカ」

南相旭/著
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/4/24

書名カナ ミシマユキオニオケルアメリカ
判型/製本 四六/上製
ページ数 328
ISBN 978-4-7791-1983-5
Cコード 0095
「女性」的な「日本」を表象した川端に対し、「男性」的な「日本」を表象した三島。しかし、三島理解には「アメリカ」に重要な鍵があった!若き韓国の研究者が、隣国から見た三島由紀夫の「アメリカ」とは? 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】南相旭978-4-7791-1983-5
序論
 ◎三島由紀夫と「アメリカ」
第一章
 ◎「花ざかりの森」における「アメリカ」
 「貴族の瞳」から眺められる「アメリカ」と「アメリか」の日本
第二章
 ◎『金閣寺』における「アメリカ」
 占領期の「アメリカ」表象を中心にして
第三章
 ◎『鏡子の家』における「アメリカ」
 「日本」のなかの「アメリカ」から「日本」の外の「アメリカ」へ
第四章
 ◎『美しい星』における「アメリカ」
 米軍基地の「跡」としての「日本」の遺された「アメリカ」
第五章
 ◎『音楽』における「アメリカ」
 「精神分析」を通して変わっていく「アメリカ」と「日本」
結論
 ◎三島由紀夫の「アメリカ」から見えてくるもの
南相旭
1972年韓国京畿道生まれ。慶熙大学日語日文学科を卒業した後、東京大学総合文化研究科比較文学比較文化コースに入学、修士、博士課程終了。2011年『三島由紀夫における「アメリカ」』で学術博士号取得。その後、韓国成均館大学比較文化研究所に所属しながら、日本戦後文学及び文化に関する研究及び講義を続けている。日本文学関連の論文多数。