高校教師が語る 16歳からの哲学

高校教師が語る 16歳からの哲学

手島 純/著
通常価格
¥1,870
販売価格
¥1,870
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2014/2/13

書名カナ コウコウキョウシガカタルジュウロクサイカラノテツガク
判型/製本 四六/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-7791-1977-4
Cコード 0010
考える高校生になるために必要なこととは何か? 16歳になる高校生から哲学の世界へと誘うために、高校生の興味や関心、悩みを最もよく知っている現役の高校社会科(倫理)教師によって、平易な文章で書かれた16歳からの哲学入門。手島 純978-4-7791-1977-4
 はじめに
 1. 哲学するとは何か
 2. ソクラテスとギリシャ哲学
 3. キリスト教の世界
 4. ブッダはなぜ出家したのか
 5. イスラム教を理解するために
 6. デカルトとベーコン
 7. ホッブズ・ロック・ルソー
 8. 労働とマルクス
 9. サルトルとレヴィ=ストロース
 10. ニーチェから現代思想へ
 11. 青年期の心理
 12. 16歳からの哲学
 哲学入門のための推薦書籍&映画
 引用・参考文献
 おわりに
手島 純
1954 年福岡県生まれ。大学で哲学、大学院で教育学を学んだ。民間会社経験後、教員に転職。通信制高校、定時制高校、全日制高校で社会科を担当。(財)神奈川県高等学校教育会館教育研究所員も兼ねる。著者に『格差社会にゆれる定時制高校』(彩流社)、『これが通信制高校だ』『通信制高校を知ってるかい』(ともに北斗出版)、編著書に『放課後の教育論』(彩流社)がある。