ラテンアメリカ傑作短編集

ラテンアメリカ傑作短編集

中南米スペイン語圏文学史を辿る
野々山 真輝帆/編
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/1/20

書名カナ ラテンアメリカケッサクタンペンシュウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 356
ISBN 978-4-7791-1969-9
Cコード 0097
ブームを巻き起こしたマジックリアリズムに至るまでのラテンアメリカ文学の特徴と文学史的変遷を、様々な国の名作を味わいながら辿れるよう編纂。最初期の重要作品「屠場」を筆頭に、初紹介作家、初訳作品を多数収録。野々山 真輝帆978-4-7791-1969-9中南米スペイン語圏文学史を辿る
屠場(1838 年)/エステバン・エチェベリーア(アルゼンチン)
レースの後で(1883 年)/マヌエル・グティエレス・ナヘラ(メキシコ)
ルビー(1888 年)/ルベン・ダリオ(ニカラグア)
12 番ゲート(1904 年)/バルドメロ・リリョ(チリ)
インディオの裁き(1904 年)/リカルド・ハイメス・フレイレ(チリ)
田舎暮らし(1906 年)/アウグスト・ダルマール(チリ)
持ち主のない時計(1918 年)/ホセ・ロペス・ポルティーリョ・イ・ロハス(メキシコ)
アナコンダ還る(1926 年)/オラシオ・キロガ(ウルグアイ)
一杯のミルク(1929 年)/マヌエル・ロハス(チリ)
その女(1932 年)/フアン・ボッシュ(ドミニカ)
ラモン・イェンディアの夜(1933 年)/リノ・ノバス・カルボ(キューバ)
会話(1936 年)/エドゥアルド・マリェア(アルゼンチン)
雨(1936 年)/アルトゥーロ・ウスラル・ピエトリ(ベネズエラ)
新しい島々(1938 年)/マリア・ルイサ・ボンバル(チリ)
マラリア(1952 年)/ビクトル・カセレス・ララ(ホンジュラス)
捕虜(1953 年)/アウグスト・ロア・バストス(パラグアイ)
赤いベレー(1954 年)/ロヘリオ・シナンストス(パナマ)
カバジェーロ・チャールス(1964 年)/ウンベルト・アレナル(キューバ)
野々山 真輝帆
筑波大名誉教授。『アンダルシア紀行』(監訳)、『愛と狂気と死の物語』(編)など。