広義の軍事史と近世ドイツ

広義の軍事史と近世ドイツ

集権的アリストクラシー・近代転換期
鈴木 直志/著
通常価格
¥4,400
販売価格
¥4,400
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2014/5/23

書名カナ コウギノグンジシトキンセイドイツ
判型/製本 A5/上製
ページ数 367
ISBN 978-4-7791-1959-0
Cコード 0022
近代転換期の独逸史を主たる対象とする軍事史研究を通じて、「広義」の軍事史が歴史学の一分野として持ちうる可能性や意義を本書を通して提示。「歴史学の中の軍事史研究」こそが本書全体を通しての課題である。鈴木 直志978-4-7791-1959-0集権的アリストクラシー・近代転換期
(1章)西洋史学における近世・近代軍事史研究
(2章)ドイツにおける「新しい軍事史」研究
(3章)新しい軍事史の彼方へ
(4章)近世常備軍論
(5章)カントン制度再考
(6章)戦争が戦争を養う
(7章)近代転換期ドイツの国家と社会
(8章)「教養ある将校」と「気高い兵士」
(9章)ベローナが解き放たれるとき
(10章)プロイセン軍制改革
(11章)リュヒェルとシャルンホルスト
鈴木 直志
桐蔭横浜大学法学部教授。中央大学大学院文学研究科修士課程修了。
主な著訳書に『19世紀ドイツの軍隊・国家・社会』(ラルフ・プレーヴェ著、阪口修平監訳、丸畠宏太・鈴木直志訳、創元社)
『ヨーロッパの傭兵』(山川出版社)『スイス傭兵ブレーカーの自伝』(ウルリヒ・ブレーカー著、阪口修平・鈴木直志訳、刀水書房)がある。