ちっちゃな回想録

ちっちゃな回想録

ジョゼ・サラマーゴ/著 、 近藤 紀子/訳
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/9/12

書名カナ チッチャナカイソウロク
判型/製本 四六/上製
ページ数 181
ISBN 978-4-7791-1933-0
Cコード 0097
ポルトガルの、小さな村の、大作家。ノーベル賞作家サラマーゴがユーモアあふれる語りでつづる少年時代の回想。小さいころ、道ばたで拾いあげた小石の感触すらもどってきそうな、小粒ながら、不思議な魅力にあふれた一冊である。【在庫僅少】(※経年によるスレ、ヤケ、キズ等がある場合がございます)ジョゼ・サラマーゴ近藤 紀子978-4-7791-1933-0ポルトガル文学叢書
ジョゼ・サラマーゴ
José Saramago ポルトガルのサラザール独裁体制が崩壊した1974 年のリスボンの春以降、ジャーナリストから作家に専念し、国民的作家となる。1998年ノーベル文学賞を受賞。作品に『複製された男』『あらゆる名前』『リカルド・レイスの死の年』(彩流社)、『白の闇』(NHK 出版)、『見知らぬ島への扉』(アーティストハウス)、『修道院回想録』(而立書房)など多数の作品がある。
近藤 紀子
早稲田大学第一文学部卒。カモンイス奨学金を得1998 年、2000 年ポルトガル留学、ポルトガルのコインブラとブラガに学ぶ。
訳書に『ペソアと歩くリスボン』『アマリア・ロドリゲス』(彩流社)、『待ちながら』(而立書房)などがある。