落語家のようなもの

落語家のようなもの

立川こしら論
南葵亭樂鈷/著
通常価格
¥2,090
販売価格
¥2,090
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/9/4

書名カナ ラクゴカノヨウナモノ
判型/製本 四六/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-7791-1930-9
Cコード 0076
こしらの「落語」がたとえ落語でなくてもイイのだ。「笑い」とはコレだと潔い。古典芸能など眼中にはない彼には、「落語」は表現手段でしかない。「高速落語」のCDシリーズで異彩を放つ落語家・立川こしら初の評伝。南葵亭樂鈷978-4-7791-1930-9立川こしら論
【目次】
(1章)落語のようなもの
(2章)噺のようなもの
(3章)真打ちのようなもの
(4章)入門のようなもの
(5章)三題噺のようなもの
(6章)人気者のようなもの
(7章)師匠のようなもの
(8章)結論のようなもの
南葵亭樂鈷
1968年和歌山県生まれ。現在、フリーの編集者及びライター。