リカルディーナの肖像

リカルディーナの肖像

カミーロ・カステロ・ブランコ/著 、 小川 尚克/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2013/8/7

書名カナ リカルディーナノショウゾウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 316
ISBN 978-4-7791-1924-8
Cコード 0097
引き裂かれた二人の愛は一本の赤い糸で繋がっていた。19世紀前半の自由を求める激動の歴史の中で展開されるポルトガル文学史に残る名作の初訳。時代的背景がぴたりと重なっており、歴史の生々しい証言でもある。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】カミーロ・カステロ・ブランコ小川 尚克978-4-7791-1924-8ポルトガル文学叢書
カミーロ・カステロ・ブランコ
Camilo Castelo Branco
ポルトガルロマン派文学第一人者。コインブラ大学で古典文学や修辞学を学ぶ。
学生時代は市民革命に共鳴し過激派グループに入り大学地下牢に監禁された。
女性関係も多く最後にアーナ・ブラシドという人妻と結婚するが家庭的には
不幸であった。作品には本書『リカルディーナの肖像』の他に姉妹編で
代表作とも言える『破滅の恋』がある。
その他『ブラジンスのブラジル女』『ミーニョ地方の物語』『天使の失墜』
『幸福は何処にいるの?』などがある。
小川 尚克
長野県塩尻市に生まれる。東京外国語大学ポルトガル語科卒。
翻訳書にカミーロ・カステーロ・ブランコ著『破滅の恋』、
エッサ・デ・ケイロース著『逝く夏』、同著『都市と田舎』(出版予定)など。