特攻隊と〈松本〉褶曲山脈

特攻隊と〈松本〉褶曲山脈

鉛筆部隊の軌跡
きむら けん/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/7/24

書名カナ トッコウタイトマツモトシュウキョクサンミャク
判型/製本 四六/上製
ページ数 360
ISBN 978-4-7791-1911-8
Cコード 0021
褶曲山脈(中部山岳地帯)に国の中枢を温存し、本土決戦に備える戦略下、終戦間際の松本に“特幹”各部隊、決部隊など複数の特攻隊が滞在していたこと、鉛筆部隊ほか疎開学童たちの葛藤など埋もれた史実を掘り起こし、終戦期の空気を膨大な取材によって再現。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】きむら けん978-4-7791-1911-8鉛筆部隊の軌跡
プロローグ
第一章文化を掘り起こす
第二章松本での「戦争と平和展」と講演
第三章さまざまな反響
第四章他にもいた特攻兵
第五章九州の旅
第六章鉛筆部隊員の日記Ⅰ
第七章再び松本を訪ねる
第八章出戸栄吉軍曹資料
第九章行きそびれた特攻隊
第十章鉛筆部隊の日記 Ⅱ
第十一章 広がる波紋と新事実
第十二章 浅間温泉小柳の湯
第十三章 二つの巻紙――三度松本へ
第十四章 小柳の湯の特攻隊のゆくえ
エピローグ
きむら けん
1945年満州(現中国東北部)撫順生まれ。文化探査者、童話作家。96年「トロ引き犬のクロとシロ」で「サーブ文学賞」大賞受賞。97年「走れ、走れ、ツトムのブルートレイン」で「いろは文学賞」大賞・文部大臣奨励賞受賞。11年「鉛筆部隊の子どもたち」~書いて、歌って、戦った~で「子どものための感動ノンフィクション大賞」優秀賞受賞。著書多数。北沢川文化遺産保存の会の一員として、下北沢一帯の文化を掘り起こしに尽力。本書もその活動から生まれた。