哲学探偵ベルクソンの事件簿

哲学探偵ベルクソンの事件簿

瀬名 織江/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/4/18

書名カナ テツガクタンテイベルクソンノジケンボ
判型/製本 四六/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-7791-1880-7
Cコード 0093
フランスの哲学者ベルクソンが、もしも探偵だったら? 20世紀初頭のパリを舞台に、次々と起こる殺人事件に挑むのは、当代一の頭脳をもつ哲学者だった。ミステリーを通して、難解な哲学思想がわかってしまう、“哲学ミステリー”の登場! 【品切】瀬名 織江978-4-7791-1880-7
第一話 「宇宙は持続する」(『創造的進化』)
第二話「意識は自らに焼き入れし、効果的な行動への準備をする」(「意識と生命」『精神のエネルギー』所収)
第三話 「空虚という表象は、つねに一つの充実した表象である」(『創造的進化』)
第四話 「無秩序は、いま一つの秩序の存在を示すものである」(『創造的進化』)
第五話「テレパシーが現実のものであるとすれば、それは自然なものである」(「〈生きている人のまぼろし〉と〈心霊研究〉」『精神のエネルギー』所収)
第六話 「現在の瞬間は、知覚をたえず記憶に映して動く鏡である」(「現在の記憶と誤った再認」『精神のエネルギー』所収)
瀬名 織江
1987年生まれ。現在、20世紀フランス思想を中心に研究を続けている。