藤原氏のルーツを追って

藤原氏のルーツを追って

八稜鏡と中部山岳信州の出土品
百瀬 高子/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/3/5

書名カナ フジワラシノルーツヲオッテ
判型/製本 四六/並製
ページ数 192
ISBN 978-4-7791-1868-5
Cコード 0021
信州の出土品には鉄や金、彩色土器、炭化米、さらには八稜鏡など、古代史の多様性を秘めている。大胆な仮説で、独自の古代史像──米のルーツ、穂高見尊(藤原氏の祖)と金環・八面大王(厩戸王の祖先)の闘争、その末裔の相克など──を描く。百瀬 高子978-4-7791-1868-5八稜鏡と中部山岳信州の出土品
第一章 縄文時代の信州製鉄(風の神=米文化)文化
  厩戸王の祖・金環文化 ほか
第二章 米(稲作)、日本人の主食のルーツを探る
  米(稲作)は伊那谷がルーツ
  稲と石庖丁の関係
  ジャポニカ米と遠賀川式土器(赤彩土器)のルーツ
  甕棺墓と(土器棺墓)と米(稲作)情報 ほか
第三章 藤原氏の祖神・穂高見尊は実在した
   ──安曇野を開拓し、新しい黒色土器・鉄鐸・旗・
      八稜鏡・漢字などの文化のルーツ
第四章 藤原氏のルーツ
  藤原氏と八稜鏡そして穂高見尊文化 ほか
第五章 金環耳輪・八面大王文化勢力と馬具のルーツ
  厩戸王(聖徳太子)は馬と共に躍動した
第六章 出雲の国譲り神話
  出雲の国譲り神話と松本弘法山古墳のかかわり ほか
第七章 鉄鐸のルーツと銅鐸のルーツ
第八章 出雲文化の首長の推古女帝、そして厩戸王(聖
     徳太子)
終章
百瀬 高子
松本市在住の古代史史家。
著書 
『封印された須恵器のルーツ 墨書土器・馬具・瓦・埴輪 超古代を科学する』
(2009年、彩流社)
『御柱祭 火と鉄と神と——縄文時代を科学する』(2006年、彩流社)
『超古代国家・神州は実在した』(1987年)