日本社会を「逃れる」

日本社会を「逃れる」

オーストラリアへのライフスタイル移住
長友 淳/著
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/4/1

書名カナ ニホンシャカイヲノガレル
判型/製本 A5/上製
ページ数 268
ISBN 978-4-7791-1864-7
Cコード 0036
かつては経済的理由のために移住した。だが近年では経済的理由を有しない中間層が多い。渡豪する日本人を対象に移住・定住プロセスや移住先における社会的文化的作用、現在進行形の問題について5年間のフィールドワークの成果。長友 淳978-4-7791-1864-7オーストラリアへのライフスタイル移住関西学院大学研究叢書154編
(序章)グローバル化時代の新しい形の移住[ライフスタイル移住]
(第1章)オーストラリアへの日本人移住者[過去そして現在]
(第2章)日本の「失われた20年」と新しいライフスタイル価値観の広がり
(第3章)移住の動機とプロセス[日本人のライフスタイル移住に見る5つの要素]
(第4章)移住後の生活[移住後の労働・余暇]
(第5章)日本人コミュニティにおける現在進行形の問題
(第6章)結論

長友 淳
1977年宮崎県生まれ。2000年慶應義塾大学総合政策学部卒業。電力会社勤務を
経て、2003年西南学院大学文学研究科国際文化専攻修士号(文学修士)取得。
2009年クイーンズランド大学PhD(博士号・社会学)取得。
現在、関西学院大学国際学部専任講師。専門は社会学および文化人類学。
著書にFeminism and Migration(共著・Springer)、
Development in Asia(共著・Brown Walker Press)、
『文化のグローカリゼーションを読み解く』(共著・弦書房)、
『アジアから観る、考える-文化人類学入門』(共著、ナカニシヤ出版)など。
ロータリー財団国際親善奨学生(2005-2006年度)。
本書にてSir Neil Currie Australian Studies Award受賞。