さらにひたすら歩いた沖縄みちばた紀行

さらにひたすら歩いた沖縄みちばた紀行

カベルナリア吉田/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2013/1/24 bookendアプリ起動

書名カナ サラニヒタスラアルイタオキナワミチバタキコウ
判型/製本 A5/並製
ページ数 248
ISBN 978-4-7791-1862-3
Cコード 0026
幻のディープすぎるマーケット・白川、変わりゆく街並、奇妙な流行スポット、生活臭ただよう人情の街…日常の風景と、もの言わぬ沖縄の人々のことばをつづる。軽快で笑えてエロくて真剣なカベルナリア節!前作からさらに力強く歩いた新作カベルナリア吉田978-4-7791-1862-3
<もくじ>
○第1章 那覇・浦添
意地でも国際通りから始める那覇の旅/おもろまち周辺も意地でも歩く
 天久~安謝パイプラインを端から端まで歩く/
あまり知られていない基地の街 屋富祖
○第2章 本島中部
メリークリスマス・イン・コザ!/砂辺の夜/白川のマーケット/
泡瀬 そしてコザ山里再訪 屋宜原・ライカム/
旧具志川市 赤道~平良川~安慶名~栄野比/海中道路の手前の街・与勝
○第3章 宮古・八重山
宮古島 平良市街3泊4日/石垣市街も3泊4日/
久々に竹富島へ 但し日帰り
○第4章 本島南部・北部
海に面していない小さな街の、激変ぶりに驚いた! 東風平/
パワースポット大流行で、聖地は上へ下への大騒ぎ 斎場御嶽/
本部半島の、昔ながらの繁華街へ/国頭村の小集落へ
カベルナリア吉田
1965年生まれ。『オズマガジン』増刊編集長などを経て、
現在紀行ライター。沖縄や島の観光地ではない日常の街の人々を
訪ね歩く。主著『ひたすら歩いた沖縄みちばた紀行』、
『旅する駅前、それも東京で!?』(ともに彩流社)、
『沖縄ディープインパクト食堂』、『オキナワマヨナカ』
(ともにアスペクト)、『沖縄バカ一代』(林檎プロモーション)ほか多数。