ブック・オブ・ソルト

ブック・オブ・ソルト

モニク・トゥルン/著 、 小林 富久子/訳
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2012/11/20

書名カナ ブックオブソルト
判型/製本 四六/上製
ページ数 375
ISBN 978-4-7791-1831-9
Cコード 0097
ベトナム系アメリカ女性作家の問題作、日本初上陸。1920〜30年代のパリを舞台に、ガートルード・スタイン家に料理人として採用されたベトナム人、ビンが見たものとは? ベトナムとパリをつなぐ大胆な構想を詩的な翻訳で再現。モニク・トゥルン小林 富久子978-4-7791-1831-9
モニク・トゥルン
MONIQUE TRUONG
1968年ベトナム、サイゴン生まれ。6歳でアメリカに移住し、
現在はニューヨークに拠点を置く。
イェール大学卒業。処女作『ブック・オブ・ソルト』をはじめ、
『ビター・イン・ザ・マウス』などの話題作を次々と発表。
2013年に来日。
小林 富久子
こばやし・ふくこ  早稲田大学教授。
専攻は、特にエスニック文学、とりわけアフリカ系および
アジア系アメリカ文学の女性作家の研究。
主な著訳書に
『ジェンダーとエスニシティで読むアメリカ女性作家—周縁から境界へ』
(學藝書林)、『アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために』(共著、
世界思想社)、『円地文子―ジェンダーで読む作家の生と作品
―(女性作家評伝シリーズ 11) 』(新典社)、
『多文化主義で読む英米文学』(共著、ミネルヴァ書房)、
トリン・T・ミンハ『月が赤く満ちる時 : ジェンダー・
表象・文化の政治学』(翻訳、みすず書房)、トリン・T. ミンハ
『ここのなかの何処かへ: 移住・難民・境界的出来事』
(翻訳、平凡社)、トリン・T. ミンハ『フレイマー・フレイムド
(叢書 人類学の転回)』(共訳、水声社)など多数。