「白人」支配のカナダ史

「白人」支配のカナダ史

移民・先住民・優生学
細川 道久/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/9/24

書名カナ ハクジンシハイノカナダシ
判型/製本 A5/上製
ページ数 368
ISBN 978-4-7791-1821-0
Cコード 0022
多文化共生・多文化主義の国として知られるカナダ。だが、長らく「白人」が「非白人」を支配してきたことはいまや忘れ去られようとしている。「闇」を直視し、カナダ史の諸相を丹念にあぶり出すことで、さらなる多文化共生の可能性を考える。細川 道久978-4-7791-1821-0移民・先住民・優生学
序論—問題の所在
第1部 白人社会の「内なる脅威」―精神障害者の処遇  
 第1 章 カナダにおける優生学
 第2 章 優生学の展開(Ⅰ)―第一次世界大戦まで
 第3 章 優生学の展開(Ⅱ)―第一次世界大戦から
                1930 年代初頭まで
 第4章 優生学の展開(Ⅲ)―断種法論議の再燃と衰退
 第5 章 「中間的存在」の処遇と白人性
第2部 白人社会の「外なる脅威」―非白人の処遇
 第1章 中国人移民と白人
 第2章 先住民インディアンと白人
第3部 白人の序列化―1920 年代前半の移民政策を手が
かりに
【補論】
 第1章 「好ましき国々」と「好ましからざる国々」
 第2章 小委員会史料の分析
結論
細川 道久
鹿児島大学教授。著訳書に『カナダ・ナショナリズムとイギリス帝国』(細川道久著、刀水書房、2007年)、『カナダの歴史がわかる25話』(細川道久著、明石書店、2007年)、『虚飾の帝国』(D.キャナダイン著、平田雅博・細川道久訳、日本経済評論社、2004年)などがある。