アメリカ南部小説論

アメリカ南部小説論

フォークナーからオコーナーへ
井上 一郎/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2012/9/10

書名カナ アメリカナンブショウセツロン
判型/製本 四六/上製
ページ数 260
ISBN 978-4-7791-1820-3
Cコード 0098
アメリカ南部文学がなぜ世界文学としての地位を獲得したのか? 南部を舞台とした作品を次々に発表したウィリアム・フォークナーと次世代のフラナリー・オコナーを対比し、特にオコーナーの『賢い血』中心に論じる南部アメリカ文学論。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】井上 一郎978-4-7791-1820-3フォークナーからオコーナーへ
序 論  

ジョージ・W・ケイブルの「ジャン・ア・ポクラン」――南部的問題 
ウィリアム・フォークナーの「黒衣の道化師」――神の詐欺師性 
ロバート・P・ウォレンの「いちご寒」――現代の「ノアの洪水」
カーソン・マッカラーズの『結婚式のメンバー』――花開いた言葉 
Ⅱ 
フラナリー・オコーナーの原風景――終末のドラマ 
「パーカーの背中」――オコーナーの課題  
「黒ん坊の像」との出会い――南部の町で  
「善人はなかなかいない」――ミスフィットは本当に「父親殺し」か 
『賢い血』論
 序 
 ニヒリスト 
 偽説教師 
 新しいイエス 
 分 身 
 自 由 
井上 一郎
長崎大学教授。