『ジェーン・エア』の作者って、どんな人?

『ジェーン・エア』の作者って、どんな人?

シャーロット・ブロンテの素顔
中岡 洋/著
通常価格
¥1,320
販売価格
¥1,320
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2012/6/11 bookendアプリ起動

書名カナ ジェーンエアノサクシャッテドンナヒト
判型/製本 A5/並製
ページ数 122
ISBN 978-4-7791-1803-6
Cコード 0098
男性絶対優位社会にあって、“カラー・ベル”というペンネームで登場し、英文学史上に輝く金字塔を遺し、「女性の生き方とは何か?」を常に問い続けたシャーロット・ブロンテ。その生きた時代と生きざまを分かり易く描いたガイドブック。中岡 洋978-4-7791-1803-6シャーロット・ブロンテの素顔
目 次
Ⅰ 蟇蛙 
Ⅱ 生涯 家庭教師生活 
Ⅲ カウアン・ブリッジとロウ・ヘッドでの学校生活
Ⅳ 白昼夢 ロウ・ヘッド・ジャーナル 
Ⅴ シャーロットの友人たち 
Ⅵ よ恋愛指南——シャーロットの結婚観 
Ⅶ シャーロットの恋愛──「失われていた手紙」
Ⅷ 結婚 
Ⅸ 『ジェーン・エア』フィーヴァーと文壇との交際
Ⅹ 弟妹の死 
Ⅺ シャーロット・ブロンテの死 
Ⅻ 映画になった『ジェーン・エア』………… 芦澤久江
あとがき 
中岡 洋
ブロンテ文学研究家。
主な著書に『エミリ・ブロンテ論――荒野へ 荒野へ』(国文社)、『「嵐が丘」コンコーダンス』『ブロンテ姉妹の留学時代』『シャーロット・ブロンテ論』『「ジェイン・エア」を読む』『「嵐が丘」を読む』(以上開文社)、『ブロンテ姉妹 その知られざる実像を求めて』(NHK文化センター)。
訳書にメアリ・ヴィジック著『「嵐が丘」の起源』『エミリ・ジェイン・ブロンテ全詩集』(以上国文社)、『嵐が丘』(みすず書房)、エリザベス・ギャスケル著『シャーロット・ブロンテの生涯』(みすず書房)、『ジル・ディックス・グナッシア著『エミリ・ブロンテ 神への叛逆』(彩流社 共訳)、ジュリエット・バーカー著『ブロンテ家の人々』(彩流社 共訳)、『シャーロット・ブロンテ書簡全集/註解』(彩流社 共訳)など。