人之初

人之初

平岡正明自伝
平岡 正明/著
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/7/9

書名カナ ヒトノハジメ
判型/製本 四六/上製
ページ数 240
ISBN 978-4-7791-1798-5
Cコード 0095
平岡節が炸裂する未発表原稿が遂に陽の目を見る。「天才的な予知能力がシッポを握られなかったという。革命家はチャーリー・パーカーの対権力警戒心と神運のコード・チェンジに学ぶべきであって、逮捕されたことを勇敢さの証しと強弁するのはバカだ」(本書より)平岡 正明978-4-7791-1798-5平岡正明自伝
幼年期
学生時代
犯罪者同盟
解題(鈴木一誌)
平岡 正明
1941年東京生まれ。早大文学部中退。1963年『赤い風船あるいは牝狼の夜』刊行し猥褻図画頒布容疑で指名手配。1964年、現代思潮社から『韃靼人宣言』刊行。1970年代後半より新左翼退潮後は辺境に位置する文学・芸能の評論分野で活躍。主な対象は筒井康隆、五木寛之、山田風太郎、山口百恵、河内音頭、三波春夫、大山倍達等。1993年『浪曲的』で斎藤緑雨賞受賞。1992年~94年まで「ハマ野毛」を編集・刊行、荻野アンナ・田中優子・種村季弘らが参加。「野毛大道芸」にプロデューサー的参画。後年、落語論を連続刊行し『快楽亭ブラックの毒落語』(彩流社)が遺著となる。最高にグルーブする平岡節は永久不滅、まさに批評界のヘラクレスである。