評伝 古関裕而

評伝 古関裕而

国民音楽樹立への途
菊池 清麿/著
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/8/23 bookendアプリ起動

書名カナ ヒョウデンコセキユウジ
判型/製本 A5/並製
ページ数 376
ISBN 978-4-7791-1785-5
Cコード 0073
昭和四年、日本人として初めて国際的コンクールに入選した国民的作曲家、古関裕而の評伝。『船頭可愛や』、『露営の歌』など数多くの軍歌、歌謡曲を作曲、戦後も『君の名は』など、劇中音楽や主題歌の名曲を生みだした。 【旧版:在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】菊池 清麿978-4-7791-1785-5国民音楽樹立への途
プロローグ
第一部 故郷福島︱音楽への目覚め
第二部 作曲家・古関裕而︱苦闘の時代
第三部 古関裕而︱哀しき名歌の時代
第四部 平和への祈り・希望・抒情と叙情
エピローグ 国民音楽樹立への途………………
あとがき
古関裕而 ディスコグラフィー
古関裕而 年譜
菊池 清麿
日本の伝記作家、音楽メディア史研究家。1960年、岩手県宮古市生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒業、同大学大学院政治経済学研究科政治学専攻博士前期課程修了。明治大学リバティーアカデミー講師(2006年度)早稲田大学エクステンション講師(2008年度)。現在・淑徳大学エクステンション講師。藤山一郎、古賀政男、中山晋平などの日本近代の大衆音楽関係者の評伝・伝記を執筆。歴史書では『日本流行歌変遷史』がある。淑徳大学エクステンションでは日本の近代音楽、昭和流行歌史をテーマに講座を担当。主な著書 [編集]『藤山一郎歌唱の精神』(春秋社 1996)、『さすらいのメロディー鳥取春陽伝』(郁朋社 1998)『評伝古賀政男』(2004)、『国境の町 東海林太郎とその時代』(北方新社 2006)、『流行歌手たちの戦争』(光人社 2007)、『中山晋平伝』(郷土出版社 2007)、『日本流行歌変遷史』(論創社 2008.4)、『「リンゴの唄」と戦後の気分』(岩波書店 2008)、『永遠の歌姫佐藤千夜子』(東北出版企画 2008)。『私の青空 二村定一』(論創社 2012)。