詩集

詩集

ジョージ・エリオット/著 、 大田 美和/訳 、 大竹 麻衣子/訳 他
通常価格
¥5,500
販売価格
¥5,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2014/12/2

書名カナ シシュウ
判型/製本 A5/上製
ページ数 203
ISBN 978-4-7791-1752-7
Cコード 0397
小説と類似したテーマが明確にうたいあげられた詩には、小説家ジョージ・エリオットのエッセンスが凝縮。生真面目? だけど/だから面白い! 『スペインのジプシー』「ジューバルの伝説」を除く全詩作品を収録。本邦初訳。ジョージ・エリオット大田 美和大竹 麻衣子谷田 恵司阿部 美恵会田 瑞枝永井 容子内田 能嗣海老根 宏978-4-7791-1752-7ジョージ・エリオット全集
1 初期の韻文の試み
 聖者と呼ばれて/まもなくこの幕屋を脱ぎさらねばならないと知って/ソネット/問いと答え/自然から人間への豊かな贈り物のただ中にあって/昇る月を見たことがありますか
2 詩集『ジューバルの伝説』(1878)のうち『ジューバルの伝説』を除いた詩
 アガサ/アームガート/リーザはいかに王を愛したか/小預言者/兄と妹/ストラディバリウス/学寮の朝食会/二人の恋人/自分と人生/甘い夜は来ては去って行く、愛しき君/モーセの死/アリオン/おお、私は見えない聖歌隊に加われるだろうか
3 さらなる韻文の試み
 ロンドンの客間で/武器だ 武器を取れ/光は東方より/南にて/ウィル・ラディスローの歌/エリンナ/大いに認めよう/モーデカイのヘブライ語詩節/琥珀色の巻き毛の中に
ジョージ・エリオット
Marianne Evans(George Eliot), 1819-188019世紀英国リアリズムを代表する作家。本名はマリアン・エヴァンズ(Marianne Evans)。男性名のペンネーム『ウェストミンスター・レヴュー』誌の実質的な編集長を務め、小説、評論、詩などの執筆を行った。
大田 美和
中央大学教授教授。歌人。