ロモラ

ロモラ

ジョージ・エリオット/著 、 原 公章/訳 、 海老根 宏/監修 他
通常価格
¥9,900
販売価格
¥9,900
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2014/10/23

書名カナ ロモラ
判型/製本 A5/上製
ページ数 709
ISBN 978-4-7791-1745-9
Cコード 0397
イタリア・ルネサンス期のフィレンツェを舞台に展開される作者唯一の歴史小説。愛と裏切り、信仰と学問、サヴォナローラの神権政治……風刺とサスペンス、思索、愛情を織り交ぜて語られる、激動の時代の人々の姿。ジョージ・エリオット原 公章海老根 宏内田 能嗣978-4-7791-1745-9ジョージ・エリオット全集
ジョージ・エリオット
Marianne Evans(George Eliot), 1819-1880
19世紀英国リアリズムを代表する作家。
本名はマリアン・エヴァンズ(Marianne Evans)。
男性名のペンネーム『ウェストミンスター・レヴュー』誌の実質的な編集長を務め、
小説、評論、詩などの執筆を行った。
原 公章
1967年日本大学文理学部英文科卒業、
1973年同大学院文学研究科英文学専攻博士課程単位取得満期退学。
日本大学文理学部教授。
著書に『英文学と英語のために』(大阪教育図書)、『新和英大辞典(第5版)』、
『新編英和活用大辞典』(共著、研究社)、
『イギリス小説の探究』(共著、大阪教育図書)、
『ジョージ・エリオットの時空』(共著、英宝社)、
『 あらすじで読むジョージ・エリオットの小説』( 内田 能嗣、 原 公章編、
大阪教育図書 )。
訳書に『女性たちのイギリス小説』(メリン・ウィリアムズ著、共訳、南雲堂)、
『ジョージ・エリオット 評論と書評』(ジョージ・エリオット著、共訳、彩流社)
『多文化アメリカ文学―黒人・先住・ラティーノ/ナ・アジア系アメリカのフィクション
を比較する』(アーサー・ロバート リー著、共訳、冨山房インターナショナル)他。