ビルマ独立への道

ビルマ独立への道

バモオ博士とアウンサン将軍
根本 敬/著
通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/4/6 bookendアプリ起動

書名カナ ビルマドクリツヘノミチ
判型/製本 四六/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-7791-1731-2
Cコード 0323
アウンサンスーチーを生んだビルマ(ミャンマー)と日本との深い関係を、その父で暗殺された指導者と不遇の知識人・政治家の目線を通して探る。軍政から民政へ変わっても決して楽観視できないビルマの現状、アウンサンスーチーの思想まで。根本敬、978-4-7791-1731-2、978-4-7791-5148-4、バモオ博士とアウンサン将軍、15歳からの「伝記で知るアジアの近現代史」シリーズ
第一部バモオ博士
最後の「閣議」と日本への亡命/英領ビルマの初代首相となる/「反英の闘士」/日本軍の侵入とバモオの決意/大東亜会議/暗殺未遂/独立後の失意の日々

第二部アウンサン将軍
暗殺の現場―32歳で散った日/反英民族団体タキン党の若き書記長となる/鈴木敬司との出会いと南機関への参加/抗日の決断/英国の復帰と独立交渉の開始/「ビルマ独立の英雄」として

第三部戦後のビルマと日本
賠償交渉と国交樹立/「ビルマ式社会主義」と日本の援助(ODA)/ビルマ軍政と日本の関わり/アウンサンスーチーと日本/最近のビルマ
根本 敬
上智大学外国語学部教授。専門はビルマ近現代史。国際基督教大学卒、同大学院博士前期課程修了(文学修士)。東京外国語大学教授を経て2007年より現職。主著に『抵抗と協力のはざま―近代ビルマ史のなかのイギリスと日本』(岩波書店)、『アウン・サン―封印された独立ビルマの夢』(岩波書店)、『東南アジアの歴史―人・物・文化の交流史』(共著、有斐閣)、『アウンサンスーチーのビルマ――民主化と国民和解への道 (岩波現代全書)』(岩波書店、2015年)など。