チャールズ・ディケンズ

チャールズ・ディケンズ

アンドルー・サンダーズ/著 、 田村 真奈美/訳
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2015/5/21

書名カナ チャールズディケンズ
判型/製本 四六/上製
ページ数 387
ISBN 978-4-7791-1704-6
Cコード 0098
【シリーズ『時代のなかの作家たち』4】
ヴィクトリア朝期を代表する小説家にして、ポスト・ロマン主義の典型ともされるイギリスの国民作家ディケンズ。19世紀の文化を読み解くことで、都市の事象に対する作家の興味の行方や、それらが生涯と作品に及ぼした影響に迫る。アンドルー・サンダーズ田村 真奈美978-4-7791-1704-6時代のなかの作家たち
第1 章 ディケンズの生涯
第2 章 「われわれの時代」——ディケンズ、政治、社会
第3 章 文学のコンテクスト
第4 章 都市社会——ロンドンと階級
第5 章 功利主義、宗教、歴史
第6 章 科学と技術
第7 章 ディケンズを再コンテクスト化する
アンドルー・サンダーズ
Andrwe Sanders
ダーラム大学名誉教授(英文学)。
著書に『チャールズ・ディケンズ――復活者』(1982 年)、
『「二都物語」必携』(1988 年)、『ディケンズと時代の精神』(1999 年)、
『オックスフォード英文学小史』(1994、2000 年)、
『チャールズ・ディケンズのロンドン』(2011 年)など。
『ディケンジアン』の編集長(1978 − 86 年)も務めた。
田村 真奈美
Manami Tamura
日本大学教授。
著書(共著)に『ギャスケルで読むヴィクトリア朝前半の社会と文化』
(渓水社、2010 年)、『ブロンテ姉妹の世界』(ミネルヴァ書房、2010 年)、
『シャーロット・ブロンテ論』(開文社、2001 年)など、
翻訳(共訳)に『ブロンテ家の人々』(彩流社、2006 年)、
『シャーロット・ブロンテと「大好きなネル」』(開文社、2000 年)、
『英国の著名小説家十人』(開文社、1996 年)などがある。