トマス・ハーディ

トマス・ハーディ

パトリシャ・インガム/著 、 鮎澤 乗光/訳
通常価格
¥4,180
販売価格
¥4,180
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/7/24

書名カナ トマスハーディ
判型/製本 四六/上製
ページ数 452
ISBN 978-4-7791-1703-9
Cコード 0098
【シリーズ『時代のなかの作家たち』3】
『テス』『日陰者ジュード』で知られ、自然主義作家として今も愛読されるトマス・ハーディ。彼が生きたのは、新たな離婚法、教育の機会の広がり、女性参政権、そして宗教への疑問が生まれた時代であった。時代に共鳴する作家とその作品を読み解く。パトリシャ・インガム鮎澤 乗光978-4-7791-1703-9時代のなかの作家たち
第一章 トマス・ハーディの生涯
第二章 社会構造
第三章 文学のコンテクスト
第四章 社会問題——ハーディの小説における階級
第五章 社会問題——女性と社会
第六章 ハーディと科学——空間、時間、進化、人類
第七章 宗教問題
第八章 ハーディを再コンテクスト化する (映画)
年表、参考文献/ウェブサイト
/映画とテレビの翻案物リスト付き
パトリシャ・インガム
オックスフォード大学セント・アンズ・コレッジ上級研究員および英文学名誉上級講師。
ヴィクトリア朝文学に関して幅広く研究、執筆を行う。著書に『ブロンテ姉妹』(彩流社、2010)。
鮎澤 乗光
立正大学教授。