無形文化遺産とは何か

無形文化遺産とは何か

ユネスコの無形文化遺産を新たな視点で解説する本
七海 ゆみ子/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2012/2/6

書名カナ ムケイブンカイサントハナニカ
判型/製本 四六/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-7791-1667-4
Cコード 0036
無形文化遺産には単に世界遺産の無形版とはいえない独特の性質があるのだ。それが「伝承者であるコミュニティの役割」「セーフガーディングの保護」である。無形文化遺産が生まれた背景、条約のしくみ、リストについて、世界遺産と比べながら解説。七海 ゆみ子978-4-7791-1667-4ユネスコの無形文化遺産を新たな視点で解説する本
(1章)条約ができるまで
(2章)条約の仕組み
(3章)2つのリストと登録簿
(4章)無形文化遺産の課題
七海 ゆみ子
ユネスコ(パリ)勤務。東京外国語大学フランス語学科卒業。カナダ・マギル大学人類学部博士課程満期退学。ユネスコ日本政府代表部・専門調査員、国際協力(開発・文化遺産)を経て、2011年7月より現職。訳書に『ヒンドゥー教の〈人間学〉』(マドレーヌ・ビアルドー著、2010年、講談社選書メチエ)がある。