バラク・オバマの言葉と文学

バラク・オバマの言葉と文学

自伝が語る人種とアメリカ
里内 克巳/編著 、 朴 珣英/著 、 松原 陽子/著 他
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2011/9/15

書名カナ バラクオバマノコトバトブンガク
判型/製本 四六/上製
ページ数 294
ISBN 978-4-7791-1661-2
Cコード 0098
オバマ大統領は政治家になる前の無名時代を自らの手で書いている。その“文学性豊かな”回想録(『マイ・ドリーム』)を手がかりに、出自に関わる「人種問題」などをキーワードに、現代アメリカの問題をとらえようとする試み。里内 克巳朴 珣英松原 陽子戸田 由紀子ウェルズ 恵子978-4-7791-1661-2自伝が語る人種とアメリカ
人種・言葉・文学――序にかえて          里内克巳 
オバマの個人史、人種の歴史 
オバマ自伝の文学性 
本書のねらいと構成 
第1章〈心の旅〉への案内図――文学としてのオバマ自伝     
                         里内克巳 
1 ある少年の成長 
2 コミュニティをつくる 
3 アフリカで知ったこと 
第2章 人種の壁を越える試み
     ――フレデリック・ダグラスからバラク・オバマへ
                         朴 珣 英 
1 アフリカ系アメリカ人の知的水脈 
2 オバマの人種観 
3 黒人の自尊心について 
4 建国の理念への信頼と新たな伝統創出 
第3章 「人種」と「遺産」をめぐるアメリカの対話
     ――バラク・オバマの自伝とウィリアム・フォークナーの小説
                          松原陽子 
1 オバマとフォークナーをつなぐもの 
2 「悲劇のムラート」とその起源 
3 アイデンティティと共同体――『八月の光』を通して読むバラクの青年期 
4 過去からの遺産――『行け、モーセ』を通して読むバラクのケニア訪問 
5 新たな対話に向けて 
第4章 人種/階級/文化の狭間で
     ――現代黒人文学とオバマの自伝        
                           戸田由紀子 
1 現代黒人文学における『ドリームズ』の位置づけ 
2 分裂した自己とその融和 
3 コミュニティの分裂と融和 
4 異なる文化の狭間で 
第5章恐怖を越えて希望へ――物語と、歌と音楽と  
                           ウェルズ恵子 
1 アメリカと恐怖 
2 恐怖が生まれるとき 
3 疎外への恐怖 
4 最悪のジレンマ 
5 物語の総体から立ち上る希望へ 
里内 克巳
現在,大阪大学言語文化研究科准教授。専門は,19-20世紀転換期アメリカ文学における人種・階級・ジェンダー。
〈主要著作〉
『マーク・トウェイン文学/文化事典』(共編著,彩流社,2010年),「溶けきらない移民たち―エイブラハム・カーハン『イェクル』における同化・言語・ジェンダー」(『言語文化研究』第36号,2010年),『独立の時代―アメリカ古典文学は語る』(共著,世界思想社,2009年)など。
朴 珣英
現在,大谷大学真宗総合研究所特別研究員および同大学非常勤講師。専門は19世紀アメリカ黒人文学・文化。
<主要著作>
“Silence and Eloquence in Frederick Douglass’s ‘The Heroic Slave’ and Herman Melville’s ‘Benito Cereno’: A Preliminary Study”( 大谷大学英文学会『英文学会会報』第37号,2011年),『英語文学とフォークロア―歌、祭り、語り』(共著,南雲堂フェニックス,2008年),『黒人研究の世界』(共著,青磁書房,2004年)など。