ソロー博物誌

ソロー博物誌

ヘンリー・ソロー/著 、 山口 晃/訳
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2011/6/23

書名カナ ソローハクブツシ
判型/製本 四六/上製
ページ数 309
ISBN 978-4-7791-1628-5
Cコード 0097
『森の生活』で知られる作家ソローが、草木の美しさ、果実の恵み、生き物たちの生活、そして人との関わりを、野を歩き、見つめ、思索し、愛情深く綴ったエッセイ7篇。野生と神話的世界が響き合う瑞々しい世界が読むものの眼前に繰り広げられる。ヘンリー・ソロー山口 晃978-4-7791-1628-5
マサチューセッツの博物誌
ワチュセット山への徒歩旅行
冬の散歩
森の木々の遷移
秋の色
野性リンゴ
ハックルベリー

野生・神話・博物誌(訳者あとがき)
ヘンリー・ソロー
(Henry D. Thoreau, 1817-62)
マサチューセッツ州コンコード生まれ。ハーバード大学卒業後、コンコード公立学校で教えるが、まもなくして辞める。エマソンと出会い、日記をつけ始める。ウォールデン湖畔に自ら建てた小屋で暮らし、人頭税の不払いでひと晩コンコード刑務所で過ごす。『コンコード川とメリマック川の一週間』『森の生活』の二册を生前に刊行。死後、『メインの森』『コッド岬』などが出版される。奴隷制度に晩年にいたるまで反対する。コンコードにて死去。
山口 晃
慶應義塾大学博士課程を経て、1997年より『木学舎便り』の刊行に従事。駒澤大学講師。
訳書に、ウォルター・ハーディング『ヘンリー・ソローの日々』(日本経済評論社)、ヘンリー・ソロー『コンコード川とメリマック川の一週間』(而立書房)など