ルネ・ヴィヴィアン詩集     菫の花の片隅で

ルネ・ヴィヴィアン詩集 菫の花の片隅で

ルネ・ヴィヴィアン/著 、 中島 淑恵/訳
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2011/3/17

書名カナ ルネヴィヴィアンシシュウ スミレノハナノカタスミデ
判型/製本 四六/上製
ページ数 149
ISBN 978-4-7791-1617-9
Cコード 0097

同性愛者として知られ、フランス象徴派詩人のマドンナともいうべきルネ・ヴィヴィアン(1877-1909)の遺稿詩集本邦初訳!「ボードレールの娘」の異名を持ち、32歳の若さで夭折した、「菫の詩女神」の死と孤独を見つめた格調高く、耽美的な世界。

【在庫僅少】※経年劣化(可読には問題のない本体のスレ、折れなどがある場合がございます)ルネ・ヴィヴィアン中島 淑恵978-4-7791-1617-9

目  次
緒言  
E・サンソ   
はじめに――ルネ・ヴィヴィアンの遺品――
         ポール・フラット 
菫の加護のもとに 
恋 
霊感 
マリアの七つの百合 
わが楽園 
追憶 
月への祈り 
妖精たちの約束 
存在 
よみがえり 
夜の中の鳥 
私たちの時間 
陽の光に驚いて 
慰めの月 
不在 
愛すべき敵に 
本質的なこと 
嘘の恐ろしさ 
アジアの神殿 
折れた翼 
病める額におかれた手 
わが心のために 
かの百合のために 
驚嘆 
とるに足らぬ恋 
恋よ、お前は盗人 
幸せな宵のまどい 
菫への祈り 
訳者あとがき
ルネ・ヴィヴィアン年譜 
ルネ・ヴィヴィアン
Renee Vivien ルネ・ヴィヴィアン(1877-1909)
「菫のミューズ」といわれた夭折の詩人ルネ・ヴィヴィアン
その詩風と性向(同性愛)から「ボードレールの娘」「1900年のサッフォー」とも呼ばれ、死と孤独を冷徹にみつめた蒼ざめた詩を遺す。
中島 淑恵
東京外国語大学卒業、東京外国語大学大学院修士課程修了、
東北大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。
専攻 フランス近代文学
現在 富山大学人文学部准教授

主要著訳書 『ボードレール伝』『ヴェルレーヌ伝』(以上共訳、水声社)「ルネ・ヴィヴィアン」(沓掛良彦編『詩女神の娘たち』未知谷)「ルネ・ヴィヴィアン家での一夕」(白鳥友彦編『Évocations』第VI号森開社)ほか。