ジェンダー表象の政治学

ジェンダー表象の政治学

ネーション、階級、植民地
中井 亜佐子/編著 、 吉野 由利/編著
通常価格
¥3,080
販売価格
¥3,080
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2011/3/23

書名カナ ジェンダーヒョウショウノセイジガク
判型/製本 四六/上製
ページ数 302
ISBN 978-4-7791-1608-7
Cコード 0030
地域、時代、文化を横断し、既知のジェンダー規範に挑戦する試み。多彩な研究者が人文学の視点からジェンダー問題、とくに表象という側面に注目し、ジェンダー問題に共有されるテーマを探る11編。一橋大学のリレー講義を基に加筆修正。【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】中井 亜佐子吉野 由利978-4-7791-1608-7ネーション、階級、植民地
◆収録内容(予定)◆
第一章 オリエンタリズムはいかに発明するか
――シャセリオーの絵画作品の受容をめぐって
喜多崎 親
第二章 フランスの「国民的料理」と女たち
中野知律
第三章 世紀転換期の古代女人像
――ホフマンスタール作『エレクトラ』
古澤 ゆう子
第四章 19世紀イギリスの選挙法改正と〈男らしさ〉の定義
井川ちとせ
第五章 『谷間の陰』のノラの表すもの
金井嘉彦
第六章 「堕落した女」と「聖女」
――アイルランドとイギリスを結ぶマグダレン言説再考
吉野由利
第七章 「国民」の創生
――白い男たちの帝国
越智博美
第八章 合衆国が個人主義の国になったとき女はどうなるのか
――冷戦期の西部劇『シェーン』と『真昼の決闘』
三浦玲一
第九章 肩が踊りだす
――崔承喜について
イ・ヨンスク
第十章 〈植民地/女性〉を語ること
――謝雪紅の評伝・小説・自伝をめぐって
洪 郁如
第十一章 ヴェールの自伝
中井亜佐子
中井 亜佐子
一橋大学大学院言語社会研究科教授。著書、関連書に『ジェンダーから世界を読む』(関啓子・木本喜美子 編、明石書店、1996年)、『 ジェンダーから世界を読む 2』(中野知律・越智博美 編著、明石書店、2009年)、『他者の自伝 ポストコロニアル文学を読む』(中井亜佐子著、研究社、2007年)などがある。

◇執筆者(掲載順)
第1章
喜多崎親(きたざき ちかし)
一橋大学大学院 言語社会研究科 教授
専門分野19世紀フランス美術史
第2章
中野知律(なかの ちづ)
一橋大学大学院 社会学研究科 教授
専門分野フランス文学、マルセル・プルースト研究
第3章
古澤ゆう子(ふるさわ ゆうこ)
一橋大学大学院 言語社会研究科 教授
専門分野西洋古典学、独文学
第4章
井川ちとせ (いかわ ちとせ)
一橋大学大学院 社会学研究科 准教授
専門分野英文学
第5章
金井嘉彦(かない よしひこ)
一橋大学大学院 法学研究科 教授
専門分野現代英文学・アングロ=アイリッシュ文学
第6章
吉野由利(よしの ゆり)
一橋大学大学院 法学研究科 准教授
専門分野18・19世紀イギリスとアイルランドの文学
第7章
越智博美(おち ひろみ)
一橋大学大学院 商学研究科 教授
専門分野アメリカ文学、文化
第8章
三浦玲一(みうら れいいち)
一橋大学大学院 言語社会研究科 教授
専門分野アメリカ文学、ポストモダニズム
第9章
イ・ヨンスク
一橋大学大学院言語社会研究科 教授
専門分野社会言語学、東アジアの言語と近代
第10章
洪郁如(こう いくじょ)
一橋大学大学院 社会学研究科 准教授
専門分野近現代台湾社会史、女性史
第11章
中井亜佐子(なかい あさこ)
一橋大学大学院 言語社会研究科 教授
専門分野英文学、ポストコロニアル研究
吉野 由利
一橋大学大学院法学研究科准教授。著書、関連書に『ジェンダーから世界を読む』(関啓子・木本喜美子 編、明石書店、1996年)、『 ジェンダーから世界を読む 2』(中野知律・越智博美 編著、明石書店、2009年)などがある。