チャールズ・ホームの日本旅行記

チャールズ・ホームの日本旅行記

日本美術愛好家の見た明治
チャールズ・ホーム/著 、 トニ・ヒューバマン/編 、 ソニア・アシュモア/編 他
通常価格
¥3,300
販売価格
¥3,300
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2011/4/1

書名カナ チャールズホームノニホンリョコウキ
判型/製本 A5/上製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-1607-0
Cコード 0021

1889(明治22)年、ジャポニスム流行に大きく貢献することになる一人のイギリス人が日本を旅して回った。欧米の芸術界に大きな影響を与え、漱石も愛読した『ステューディオ』誌の創刊者ホーム。彼の美意識をとおして見る明治期の日本。

 【在庫僅少※経年劣化の汚れ・キズ等の可能性がございます】

 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】チャールズ・ホームトニ・ヒューバマンソニア・アシュモア菅 靖子門田 園子アーサー・L・リバティ夫人(エマ・リバティ)978-4-7791-1607-0日本美術愛好家の見た明治

チャールズ・ホーム
Charles Holme 1848-1923
19世紀後半から20世紀初頭にかけて西洋社会に日本美術を積極的に紹介した日本美術愛好家、美術批評家、またアジアの物産の輸入会社の経営者。1889年に日本を訪れた後、ますます親日となりロンドンの日本協会の創設メンバーとなる。1893年には欧米の芸術界に大きな影響を与えた美術・デザイン雑誌『ステューディオ』を創刊。
トニ・ヒューバマン
Toni Huberman
チャールズ・ホームの曾孫