満洲分村移民の昭和史

満洲分村移民の昭和史

残留者なしの引き揚げ 大分県大鶴開拓団
渡辺 雅子/著
通常価格
¥2,200
販売価格
¥2,200
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2011/1/6

書名カナ マンシュウブンソンイミンノショウワシ
判型/製本 A5/上製
ページ数 256
ISBN 978-4-7791-1598-1
Cコード 0021
残留者なし!稀有な開拓団の詳細な記録・調査を元にした貴重な満洲移民史。民主的運営で現地の人たちと良好な関係を築き、一人の残留孤児・婦人もださずに引揚げた、大分県大鶴開拓団の生活史。満洲移民の「昭和史」に光をあてる。写真多数、資料付。渡辺 雅子978-4-7791-1598-1残留者なしの引き揚げ 大分県大鶴開拓団
【主要目次】 
第1章 満洲移民の歴史  
第2章 大分県と満洲移民  
第3章 森山藤太の自分史にみる大鶴開拓団の軌跡  
第4章 開拓団での生活  
第5章 日本の敗戦と逃避行   
第6章 撫順での越冬  
第7章 引揚げ後の生活  
第8章 大鶴開拓団満拓同志会と旧満洲開拓団跡地訪問の旅
資料1:日本国内の状況および満洲移民・成徳大鶴開拓団関連年表  
資料2:日田郡大鶴村満洲国分村規程
資料3:成徳大鶴開拓団団員家族名簿
渡辺 雅子
1950年東京都生まれ。1973年早稲田大学第一文学部卒業。明治学院大学社会学部教授、博士(文学)。専門は宗教社会学、移民社会学、ライフヒストリー研究。著書に『共同研究 出稼ぎ日系ブラジル人 (上)論文篇、(下)資料篇』明石書店、1995年。『ブラジル日系新宗教の展開――異文化布教の課題と実践』東信堂、2001年。渡辺雅子著『現代日本新宗教論――入信過程と自己形成の視点から』御茶の水書房、2007年がある。