未知との遭遇 スイスと日本

未知との遭遇 スイスと日本

16世紀~1914年
ロジャー・モッティーニ/著 、 森田 安一/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2010/11/8

書名カナ ミチトノソウグウスイストニホン
判型/製本 四六/上製
ページ数 300
ISBN 978-4-7791-1572-1
Cコード 0020
互いに相異なる両国が比較的早い時期に、正確に言えば1864年に、公式の接触を開始し、それもスイス側のイニシアティヴで始まったのはなぜか? 意外に知られていない歴史の内幕を、豊富な史料をもとに気鋭の学者が克明に綴る。写真多数。 【在庫僅少※汚れ・キズ等の可能性がございます】ロジャー・モッティーニ森田 安一978-4-7791-1572-116世紀~1914年
第一部 日本への長い道のり

 1 ジパング――美化から啓蒙へ 

2 閉じられた牡蠣の中――鎖国 

3 スイス人の「血液貿易」と日本――スイス傭兵の日本小旅行 

4 世界周航の途上で――長崎・出島を描いたスイス人 

5 帝国主義時代――スイスと日本の出会った時代 

6 牡蠣の殻はこじ開けられた――開国 

第二部 スイスと日本――相互発見

7 共和州瑞典――見知らぬ使節 

8 アンベール氏の待ちに待った日――スイス使節団長の歩み 

9 スイスにおける侍の沈黙――徳川使節団の旅 

10 岩倉具視は一八七三年にリギ山で何を見たか――岩倉使節団の見たスイス 

11 不思議な国・明治日本におけるスイス人――商人とお雇い外国人 

12 ヌシャテル出身のスイス人が日本の歴史をつくる――ファーヴル‐ブラントと西郷 

13 スイス人が見た日本人の風俗・習慣――ハラキリからアルプス登山まで 

14 江戸から東京へ――消える伝統 

15 物事が異なった基準で動く――急速な近代化 

16 日本におけるウィリアム・テル――自由民権運動 

17 ソルフェリーノと薩摩――国際赤十字と博愛社 

18 ゴリアテに向かうダビデ――日清戦争 

19 着物姿のホドラー――「浮世絵」の衝撃 

20 戦線のゲルチュ大佐――日露戦争 

21 重い遺産――大帝国の幻想
ロジャー・モッティーニ
Roger Mottini 1959年、スイスのサン・モリッツ生まれ。ザンクト・ガレン大学で国家学、特に外交史を学ぶ。文部省の留学生として1990年から92年まで東京大学で研究を続け、1998年ザンクト・ガレン大学で博士の学位を取得。現在、早稲田大学、上智大学講師。
森田 安一
日本女子大学名誉教授、放送大学客員教授
著書に
『スイス 歴史から現代へ(地域主義・直接民主政・武装中立)』刀水書房
『スイス中世都市史研究』山川出版社
『ルターの首引き猫―木版画で読む宗教改革―』山川出版社 
『物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国』中央公論新社
『スイス 中世都市の旅』(世界歴史の旅)山川出版社
『図説 宗教改革』河出書房新社、ほか多数
翻訳に
R.W.スクリブナー、C.スコット・ディクスン『ドイツ宗教改革』岩波書店
ほか多数
編著書に
『日本とスイスの交流』森田安一 編 山川出版社
『スイスと日本』 森田安一 編 刀水書房
ほか多数