ドラゴンボールのマンガ学

ドラゴンボールのマンガ学

見崎 鉄/著
通常価格
¥2,420
販売価格
¥2,420
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2011/7/25

書名カナ ドラゴンボールノマンガガク
判型/製本 四六/並製
ページ数 473
ISBN 978-4-7791-1564-6
Cコード 0095
いまだ衰えない人気を維持している大ヒットコミック『ドラゴンボール』。その深層にある読者を中毒にしてしまう優れたマンガのテクニックと構造、そして孫悟空から人造人間などの登場するキャラクターを徹底的に解き明かす!!見崎 鉄978-4-7791-1564-6
はじめに……11

1物語
『ドラゴンボール』の構成と概要……20
全体の構成……20
あらすじ……22
『ドラゴンボール』の物語論……32
起源としての『西遊記』……32
いきあたりばったりの物語……35
タイトルを超えて……47
抽象から具体へ……54
[コラム]売れっ子マンガ家の誕生……59

2群像
記号としての身体 孫悟空……66
「わくわく」+「清い心」=利他行……67
孫悟空の身体 その一「服装」……80
孫悟空の身体 その二「シッポ」……85
孫悟空の身体 その三「顔」……89
孫悟空の身体 その四「髪の毛」……98
二世という抑圧 孫悟飯……113
世代交替はなぜ失敗したか……113
孫悟飯はなぜ強いのか……117
孫悟飯はなぜ暗いのか……122
次男の反復 孫悟天……130
二度目は喜劇……130
ピジンからクレオールへ……133
[コラム]「週刊少年ジャンプ」というメディア……139
異形の二重身 ピッコロ……145
怪奇からSFへ……145
ピッコロの物語……149
魔術と科学……156
地球辺境論……159
余裕と焦燥 ベジータ……166
髪・言葉・プライド……166
サイヤ人とは何か……173
スポーツマンガとしてのベジータ戦……177
小さい身体の逆説 フリーザ……183
進化と変身……183
小さい戦士たち……187
翁童論……194
宇宙人としての未来人……198
中継と目的 人造人間たち……203
変化するキャラクターたち……203
二人組の謎……206
人造人間はなぜ強いのか……210
存在への問い……219
文明的な怪物 セル……224
科学の子……224
セルはなぜカッコいいか……227
質問と回答……232
終わりの敵 ブウ……236
[コラム]反復とパターン……245
師匠から老人へ 亀仙人……251
本質と韜晦……251
亀仙人共同体……254
ヴァーチャルな老人語……258
一身にして三役 ブルマ……264
「あの頃」のままで クリリン……268
過剰と欠如 天津飯……273
技の伝道者……273
謎の出自……279
もう一人の悟空 ヤジロベー……283
母という機能 チチ……288
位置づけの変転……288
教育と仕事……298
好きだけど苦手なもの……300
切断する使者 トランクス……303
二人のトランクス……303
系統からの自由……307
空転する自意識 グレートサイヤマン……310
物語のパラダイム・チェンジ ミスター・サタン……318
脇役という無意識 ミスター・ポポ……325
ポポはどう見えるか……325
黒人としてのポポ……331
[コラム]神龍の起源とドラゴンボールの使い方……337

3言語
『ドラゴンボール』の言語ゲーム……346
擬音語と擬態語……346
「!」と「…」……351
解説者の言葉……356
赤の女王仮説……363
絵を意味づける言葉……370
『ドラゴンボール』の言説戦略……380
ネーミングをめぐって……395
「名詮自性の論理」に抗して……395
必殺技について……405
『ドラゴンボール』の資本論……411
「市場経済」と「資本主義」……411
戦いのスタイル……416
数値一元化と順序……421
物語の推進力……436
[コラム]時代の鏡としての『ドラゴンボール』……442
『ドラゴンボール』の比較作品論……452

あとがき……467
見崎 鉄
(みさき てつ)
1965年、長野県生まれ。ライター。
歌詞論関係の著書に『阿久悠神話解体』(彩流社)、『Jポップの日本語』(彩流社)、『さだまさしのために』(KKベストセラーズ)、『音楽誌が書かないJポップ批評』(共著、宝島社)。サブカル批評に『ドラゴンボールはいつ終わるか?』(風塵社)、『船井幸雄大研究』『2時間ドラマ大事典』『エヴァンゲリオン完全攻略読本』(以上、共著、三一書房)他がある。