日韓併合

日韓併合

李朝滅亡・抵抗の記憶と光復
片野 次雄/著
通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
発売日 : 2010/8/2

書名カナ ニッカンヘイゴウ
判型/製本 四六/上製
ページ数 366
ISBN 978-4-7791-1559-2
Cコード 0022
錯綜する動乱期を描く歴史超大作。悲劇の皇帝・純宗/伊藤博文暗殺/日韓併合条約/李朝滅亡/高宗の死/3・1独立運動/反日武装闘争/上海臨時政府/憂国の志士たち/創氏改名──皇民化への愚策/光復の日/『李朝滅亡』『日韓併合』関連年表 他片野 次雄978-4-7791-1559-2李朝滅亡・抵抗の記憶と光復
はじめに 1

第一章 日本支配のはじまり
 悲劇の皇帝・純宗──たかまる抗日義兵闘争 12
 伊藤博文暗殺──“義士”安重根 36
 日韓併合条約 57
 李朝滅亡 83

第二章 日帝三十六年
 高宗の死 112
 三・一独立運動──“烈女”柳寛順 141
 反日武装闘争──義烈団の魂 173
 ある組織の構図──上海臨時政府 212
 憂国の志士たち──李奉昌と尹奉吉 242
 創氏改名──皇民化への愚策 269
 光復の日 289

『李朝滅亡』『日韓併合』関連年表 303

解説──一九一〇年の転轍 河田宏 331

対談──ベールを脱いだもう一つの歴史 辛基秀/片野次雄 339

主要参考文献 358

新しい百年に向けて──あとがき 363
片野 次雄
昭和10年生まれ。民族学的な見地から僻村の取材を行なうかたわら、李氏朝鮮を中心に歴史研究を続ける。著書に『戦乱三国のコリア史』、『善隣友好のコリア史』(彩流社)、『李朝滅亡』(新潮社)、『世界歴史紀行「韓国」』(読売新聞社)、『日帝三十六年の顔』(韓国ソウル・宝石出版)など多数がある。