文化財の社会史

文化財の社会史

近現代史と伝統文化の変遷
森本 和男/著
通常価格
¥8,800
販売価格
¥8,800
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2010/6/1

書名カナ ブンカザイノシャカイシ
判型/製本 A5/上製
ページ数 808
ISBN 978-4-7791-1536-3
Cコード 0021
明治維新後、吹き荒れた廃仏毀釈から、大正時代から昭和前半の史跡保存、国家権力を掌握した軍部ファシズムのもとで展開された史跡保存、戦後のGHQ文書をもとに、敗戦直後のアメリカ占領軍による文化財行政等について論じた通史。【品切】森本 和男978-4-7791-1536-3近現代史と伝統文化の変遷
☆ 文化財の社会史――近現代史と伝統文化の変遷
★第一部 近代社会と古美術の成立
第一章 近代の幕あけと廃仏毀釈
第二章 近代における古器物・宝物の登場
第三章 殖産興業と珍重される古器物
第四章 勧業の古器物から美術の宝物へ
★第二部 保存に関与した社会層と国民国家
第五章 古社寺保存制度の展開
第六章 各地でおきた古社寺保存運動
第七章 宝物コレクターの社会層
第八章 古社寺保存法の成立と国民国家
★第三部 思想教化としての史跡
第九章 内務省地理局と古跡保存
第一〇章 大正デモクラシーと地方を主体とした保存
第一一章 明治天皇聖跡と国民精神総動員
第一二章 戦時下の史跡保存
★第四部 海外における文化財
第一三章 植民地における史跡・古跡保存
第一四章 日本の中国侵略と文化財
★第五部 転生する「伝統文化」
第一五章 GHQと文化財による賠償論・返還政策の変遷
第一六章 略奪文化財の返還
第一七章 軍事記念物から平和記念物へのシンボルの転換
第一八章 情報社会と文化財行政の現状と未来
森本 和男
もりもと・かずお
1955年兵庫県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)。
千葉県教育振興財団上席研究員。
著書『遺跡と発掘の社会史』(彩流社)。
共著『古代日本の稲作』(雄山閣)、『国家の形成』(三一書房)、『ロシア狩猟文化誌』(慶友社)、『ロシア極東の民族考古学』(六一書房)その他。
訳書 J,フォーシス『シベリア先住民の歴史』(彩流社)。