憎悪と和解の大江山

憎悪と和解の大江山

あるイギリス兵捕虜の手記
フランク・エバンス/著 、 糸井 定次/訳 、 細井 忠俊/訳
通常価格
¥2,750
販売価格
¥2,750
通常価格
現在購入できません
単価
あたり 
発売日 : 2009/7/30

書名カナ ゾウオトワカイノオオエヤマ
判型/製本 四六/並製
ページ数 392
ISBN 978-4-7791-1454-0
Cコード 0023
第二次大戦中、香港で日本軍の捕虜となった英国軍兵士が体験した、京都・大江山俘虜収容所での強制労働とはどのようなものだったのか。苦悶の日々と、時を経た和解へ至る道を綴った手記。訳者による詳細な解説・資料を付す。フランク・エバンス糸井 定次細井 忠俊978-4-7791-1454-0あるイギリス兵捕虜の手記
フランク・エバンス
イギリス・ウェールズ生まれ。第二次大戦中に日本軍の捕虜となり、大江山俘虜収容所に収容される。その体験を記した手記『Yn Nwylo'r Nippon』(ウェールズ語)を1981年に発表。1984年来日。翌年、和解の記録を加えた本書『Roll call at Oeyama: P. O. W. Remembers』(英語)を刊行。1996年、79歳で逝去。
糸井 定次
1936(昭和11)年、京都府与謝郡山田村に生まれる。京都府立加悦谷高等学校、京都学芸大(現京都教育大
)英文学科卒業。京都市内の中学校、京都府北部の高等学校に勤務。京都府立大江高校、網野高校、工業高校で校長を歴任。1971(昭和46年)イーストウェスト・センターより奨学金を得てハワイ州立ハワイ大学大学院留学。MA in Teaching English as a Second Language を取得。元近畿大学豊岡短期大学特任教授。現在、与謝野アバリスツイス友好協会副会長。訳書に『Ana-jizo inYoshizu(吉津の穴地蔵)』(あまのはしだて出版、1996年)がある。